私はイラクのバグダッドにあるスンニ派の家庭に生まれました。


イラン・イラク戦争が勃発し、父が死にました。2003年、サダム・フセイン政権崩壊後、バグダッドではスンニ派とシーア派の激しい内戦が始まりました。


この間に、私の二人の兄が死に、学校時代の友だちも、三人を除く全員、殺されました。(生き残った友の一人は、現在、Sにおり、もう一人はB、もう一人は別の国にいます。)家族や友が殺されたという訃報を聞くたびに、私はものも食べられず、眠れない苦悶の夜を過ごしました。


父と兄二人を亡くした母は、その心痛から立ち直ることができず、数年前、後を追うように亡くなりました。妹二人は、他の地域に避難しました。


こうして私は、天涯孤独の身になりました。


☆☆


身寄りのない私は一人でトルコにやって来ました。


ある日、知り合いになったロシア人が私をキリスト教会に誘いました。私は教会の中にあるすべてのものに心休まるなにかを感じました。


2カ月後、私を教会に誘ってくれた友人は祖国に帰っていきましたが、私は引き続き、教会に通い続けました。


教会で私は、この世の次に訪れる、来世の世界についての消息を聞きました。


「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」(黙示録21:3、4)




それを聞いた時、私の心に希望が湧き上がってきました。


私は涙も、死も、殺し合いも、叫びも、苦しみもない世界がやがて来るということを約束している、この神の言葉に信仰を持ちたいと強く願いました。


自分の家族や友だちが、目の前で殺されるのを見るのは本当に辛いことです。でも、この世ではもう会えなくても、私は、あの世で愛する人々に再会したい。


こうして私はイエス・キリストを救い主として信じ、クリスチャンになりました。


☆☆


私はマズムール(詩篇)が好きです。それからルカの福音書、マタイの福音書、その他の福音書も好きです。


これからもっと聖書に親しみたいし、各巻の名称も覚え、すぐにページを繰ることができるようになりたいです。また自分の母国語でみことばを教えてくれる人が与えられるように祈っています。


殺し合いはもうたくさんです。聖書の神さまは愛です。


私は一人ぼっちで、身寄りのない者ですが、イエスさまの中で、お兄さんのような人に出会いました。


クリスチャンたちは、肌の色や人種に関係なく、皆ひとつで、お互いに愛し合っています。だから私は今、とても幸せです。


この証を読んでくださり、ありがとうございました。



マタイ5:3,4

心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。

悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。






スポンサーサイト


6cf859ad053032d6cba90d558398445c20160802.jpg
Happy Norooz! (ペルシャのお正月は春分の日に当たります。)



「アラビア語とペルシャ語は、いったいどう違うんですか?」という外国人の問いは、

「日本語と中国語って、いったいどう違うんですか?」という外国人の問いにとても似ていると思います。


日本語も、中国語も、同じような文字(漢字)を使っています。

また「大学」「経済」など語彙の面でもお互いに通じる部分がそれなりに多いです。


しかし、中身をのぞくと、この二つの言語は、文法の仕組みが大きく異なっていることがわかります


例)

[日本語] 私は、大学に行きます。

[中国語] 我 去上大学。(Wǒ qù shàng dàxué)




日本語では、動詞(「行きます」)が最後に来ますが、中国語では、英語と同じく、主語のすぐ後に、動詞が来るシステム(I go to)なのです。

アラビア語とペルシャ語も、だいたいこんな感じの「近さ」と「遠さ」があると思っていただければいいと思います。


☆☆


違う語族ハウスに住んでいる



cartoon-dog-house20160802.jpg



まず、両者の基本的な違いは、「語族」にあります。


アラビア語が、セム語ファミリーに属するのに対し、

ペルシャ語は、インド・ヨーロッパ語ファミリーに属しています。




つまり、一つの語族を一つの「家」に例えるなら、アラビア語は、ヘブライ語、アラム語、フェニキア語、ウガリット語たちと一緒のハウスで生活しています。

それに対し、ペルシャ語は、英語、ドイツ語、北インド諸語(サンスクリット)など、おおざっぱに言えば、「ヨーロッパ系の言語たち」と一緒のハウスにいるのです。

さらに思い切って言えば、アラビア語は「中東系」、それに対するペルシャ語は「ヨーロッパ系」ということができると思います。註1



persian-farsi-language-and-alphabet-6-72820160802.jpg



「え?それなのに、なぜペルシャ語はアラビア文字なの?」と疑問に思う方がいらっしゃるかもしれません。





ああ、悲しき侵略




iranjihad1.jpg
7世紀 アラブ侵略



もともとペルシャ人たちは、アラビア語では文字を表記していませんでした。

ササーン朝ペルシャ(AD226-651)では、アラム文字から派生したパフラヴィー文字というのが使われていました。

またゾロアスター教の聖典である『アヴェスター』は、6世紀にパフラヴィー文字に基づいて考案されたアヴェスター文字によって編集されました。

しかし7世紀に入り、アラブ半島でイスラム教が興り、その軍隊がペルシャにも、どどーと押し寄せてきたのです。

こうしてアラブ軍に征服されたペルシャは、その後、イスラーム帝国の一環として編入されていくことになりました。

また文学的にも、アラブ侵略後の200年は、「沈黙の二世紀」と呼ばれ、アラビア文字がオフィシャルな文字として強制されることとなりました。

ここの部分に対する理解はとても大切だと思います。

なぜなら、私たち日本人が中国から漢字を取り入れたのは、自らの意志によるものであったのに対し、ペルシャ人のアラビア文字・語彙採用は、侵略による「強制」であったからです。註2




三つの子音(Root)とテンプレート



Learn-arabic-cartoon20160802.jpg




アラビア語とペルシャ語のもう一つの大きな違いはこれです。


アラビア語には、三つの子音(Root)システムがある。

でも、ペルシャ語にはそれがない。




アラビア語やヘブライ語といったセム語系の語のベースは、主として三つの子音です。

例えば、「書く」とか「本」とか、そういう類のことを表す単語のベースはアラビア語では、k+t+bです。(ヘブライ語ではk+t+v



書く  "to write" 

kataba (アラビア語)
katav (ヘブライ語)




そのようにしてアラビア語では、この三つの子音(Root)を、とっておきの「テンプレート」にはめ込んでいきながら、名詞や動詞を作っていきます!


Root                Template

1-2-3              a u u

                  a a tu




例えば、「学ぶ」ということを言い表すRootはd―r―sです。

では、それを右のテンプレートに入れ込んでみるとしましょう。そうすると、こうなります。


a d r u u s

はい、「アドルース」となりました。

そしてこれは、I will learn(=私は学びます)という意味になります。





Affix(接辞)で済ませる![ペルシャ語篇]



2a3ee962f70be9cea2cc806aee38f4b620160802.jpg




一方のペルシャ語は、そういうテンプレート・システムを取らず、Rootの後ろにちょこちょこと接辞(affix)をくっつけていきながら、いろんな言葉を作っていきます。

親鳥のうしろをピヨピヨついていく、かわいいヒヨコを連想してください。


例)

Root            Affixのヒヨコたち

dan (知る)  
              danestan (知る to know)
              danesh (知識 knowledge)
              daneshmand(科学者 scientist)






おわりに



みなさん、どうですか。

アラビア語やペルシャ語が前よりも身近に感じられるようになりましたか?

「案外、楽しく学べるかも!よし、始めてみようかな?」とやる気になった兄弟姉妹、いらっしゃいますか?

もしそうなら、とてもうれしいです。


さっそくですが、


① アラビア語を始める気満々になった方はココをクリックしてください。


② ペルシャ語を始める気満々になった方はココをクリックしてください。





註1
アラビア語には、男性名詞・女性名詞がありますが、ペルシャ語にはありません。
 
註2 でも、成熟したペルシャ人クリスチャンは、こういう点でも、キリストによる赦しと和解の内に生きようとしており、アラブ人やアラビア語に対しても愛をもって接しています。




nastaliq20160802.jpg
美しいナスタリーク書体



中東のことばの世界を旅する中で気づかされるのが、この地域一帯に影響を及ぼしている二つのパワフルな言語の存在です。

その二つの言語とは、

1)アラビア語

2)ペルシャ語




です。アラビア語を東の横綱とするなら、ペルシャ語は西の横綱でしょう。

☆☆

数年前、私は、トルコから来たあるクルド難民の母子と、どうしてもコミュニケーションを取らなければならなくなりました。

このお母さんは、トルコ語とクルド・クルマンジー語の二語を解し、英語はまったく知りませんでした。

一方、私はトルコ語もクルマンジー語も解しませんでした。

つまり、彼女と私をつなぐ共通の言語は皆無だったのです。

☆☆

しかし女性難民シェルターのことで、どうしてもこの女性に詳細を説明しなければならず、私は途方にくれました。

そしてもがきつつ、ペルシャ語とアラビア語の単語をランダムに並べ立て、なんとか意思を伝えようとトライしてみたのです。

するとどうでしょう。

トルコ語とクルマンジー語の中にもやはり、アラビア語ないしペルシャ語の語彙が豊かに含まれていたらしく、けっこうまぐれ当たりで、彼女が「ああ、分かった!」と肯定的な反応をしてくれたのです!

また、ウルドゥー語(パキスタン)はもちろんですが、中東からはかなり離れた所に位置するバングラデシュのベンガル語の中にも、けっこうペルシャ語の借用語が含まれていることを知り、驚いたことがあります。

(*ちなみに、パキスタンという国の名称はペルシャ語の「paak=清い、clean」と「staan=state、州、場」の二語から成っており、clean state(清い国)という意味です。)


220px-Khatt-e_Nastaliq20160802.jpg


☆☆

私は、北ヨーロッパの宣教学校にいた時分、自分がもしや中東ミッションに召されているのではないかということを知り、非常に恐れつつも、すぐさまアラビア文字の習得に取り掛かりました。

またちょうどその時、その学校には、エジプト人ミッショナリーの家族が滞在していました。

そこで私は、暇そうにうろうろしていた、そこの家の小さな男の子を捕まえ(笑)、その子から文字のネイティブ発音を学びました。

その後、ギリシャに遣わされたのですが、派遣先の教会では多くの方々がアラビア文字で書かれた聖書を使っておられました。

私はてっきりそれがアラビア語なのかと思ったのですが、訊いてみると、「いいえ、私たちはファルスィー語話者です」ときっぱり否定されました。

調べてみると、ファルスィー(Farsi)というのはペルシャ語のことだということが分かりました。

「ああ、アラビア語とペルシャ語っていうのは同じアラビア文字を使っているけど、やっぱり違う言語なんだ」とそこで初めて知ったのです。

(本当に私の中東理解というのはこの程度しかなかったのです!それでもなんとかなる、ということをみなさまに分かっていただけたらと思います。



アラビア語からペルシャ語に切り替える



こうして現地の言語ニーズに気づいた私は、アラビア語学習から今度はファルスィー語(ペルシャ語)にすばやく切り替えました。

私にとって幸いだったのは、アラビア語経由でペルシャ語に入ったので、両者のおおまかな違いや類似点を見い出すことができたことでした。

次につづく記事で、そういった点をみなさんとご一緒にみていけたらと思います。




おまけ


アラビア語とペルシャ語のひびきを味わってみよう!




↓これはアラビア語での「主の祈り」です。






↓こちらは、ペルシャ語での「主の祈り」です。






それから、下はPaul Wilbur作曲 For Your Name Is Holy のアラビア語バージョンおよびペルシャ語バージョンです。



① アラビア語版





② ペルシャ語版







みなさん、どうですか?

耳で聞いて、どんな印象を受けましたか。それぞれどんな響きがあるでしょう。

発音はむずかしそうですか。それとも、「案外スムーズになじめそう」って思われましたか。

みなさんの自由なご感想、お待ちしています。


afghanistanpoppies.jpg
アフガニスタン

私に対するあなたのこの崇高な愛を、いかなる言葉で表現し得ましょうか?――このあわれな物乞いを受け入れ、あなたの子としてくださったとは。

私はさまよい、孤独でした。どこに向かっていけばいいのかも分からず、力尽き果てていました。

そんな私をあなたは呼んでくださり、あなたと一つにしてくださったのです。



これは、イエス様に出会ったあるアフガン人の方の証しです。この兄弟の告白は続きます。

罪ほろぼしのために力の限り、海洋に向かい泣き叫んだとしても、
持てる物すべてを貧しい人に与えたとしても、
それでも、罪という病からの救いはありませんでした。

この癒しにはただ一つの方法しかありませんでした。そうです、キリストの血潮です。



ああ、あなたはゴルゴタの丘で十字架にかかり、ご自身の愛を証してくださいました。

美しい救い主、今私はあなたに何ができるのでしょうか。あなたがお望みになるもの以外、どんな捧げ物も携えていきません。

イエス、私はわが心をあなたに捧げます。余すところなく全てを捧げます。

با چه زبان



やがてこの信仰告白は賛美となって、この世に向かって証されることになりました。





永い永い間、福音の門が閉ざされていた地域の人々の心に、今、主が大きな憐れみと愛と力をもって働いておられます。


bible20distribution-20landscape20160313.jpg


アフガニスタン国内はもちろんのこと、インドやパキスタン、イランにいるアフガン難民、ヨーロッパに散在する難民の間でも、日々魂がキリストの元に立ち返っています。

次にご紹介する賛美「聖なる、聖なる、聖なる(Ghodous, ghodous, ghodous)」を、ギターを弾きながら歌っているのも、あるアフガン人の兄弟です。下に歌詞の意味と読み方を書き出します。




Ghodous, ghodous, ghodous,
聖なる、聖なる、聖なる
Khodavand Khodaie ghadere motlagh
全能の主なる神
Ke budo hasto mi-ayad
常にいまし、昔いまし、後に来られる方
Bovad por az jalalat asemano zamin
あなたの栄光は天にも地にも満ちています。

Sezavar, sezavar, sezavar
あなたは賛美を受けるにふさわしい方(=worthy, worthy, worthy)
Sezavar ey barehe Khoda
神の小羊として崇められるにふさわしい方。
Ke khune Khod feda kardy az hameh ghomhay jahan mardom kharidy.
そして流されたご自身の血潮により、あらゆる民を買い取ってくださいました。

Sezavare barekat, sezavare hormat, sezavare jalal, sezavare ghodrat
Sezavare parastesh, sezavare setayesh, sezavare hamdo tamjid, sezavare shokr gozari
あなたは、祝福、尊厳、栄光、権勢、
賛美、崇拝、讃仰、拝跪、感謝を受けるにふさわしい方です。


Sezavare tamame delam, sezavare tamae janam, sezavare tamame fekram, sezavare tamame ghodratam
あなたは 心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、
賛美するにまことにふさわしい方です。



信仰を持った多くのアフガン人兄弟姉妹は、肉親に見放され、勘当され、親しい人々からの拒絶を受けながらも、一生懸命、イエス様にすがりつつ生きています。

この人たちには家族が必要です。

彼らを兄の心で、姉の心で、父・母の心で受け止め、愛し、いつくしむ、キリストにある霊の家族が必要です。彼らの食べ物を共に食べ、彼らのいる世界に住み、彼らと共に呼吸をし、苦楽を共にし、共に生きる家族が必要です。


afghanrefugees20160313.png
source


行動を伴った本気の愛には国境も言語の壁もありません。

御霊による愛は相手の魂を貫き、言語を超えるキリストの愛の真実を相手に語り証しします。

どうかこの地域の人々のために、そして新しくキリストにある家族とされた魂のために執り成し祈る方々が起こされていきますように。

主よ、あなたの愛に満たされ、彼らの間に飛び込んでいく勇敢な若い宣教者たちをどうか日本の地からも起こしてください。イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。




その1)からのつづきです。

camino-frances-3-day4-300x22520160304.jpg


ベン:人には生ける神との出会い(encounter with God)が絶対に必要だということを私は知りました。

それは私たちクリスチャンにとっても同様です。実際、毎週教会に通ったり、奉仕したり、聖書を読んでいたりしても、生ける神と出会っていないことがしばしあるのです。

イエス・キリストを心から信じ、聖霊によるバプテスマを受けた後、主はさまざまな形で私に語ってくださるようになりました。

そこで私は霊的日誌(Journal)をつけ始め、その時々に主が示してくださったこと、啓示、幻、預言などを綿密に記録していきました。時には夜中にそのような示しが与えられることもありましたので、日誌は枕元にも置いていました。


二つの問い


話は少し遡りますが、救われて最初の年、私は二つのことを主に問いました。

1.私は何のためにこの地上に生きているのか
仕事をして、家庭を築いて、車を購入して、、それだけが人生の目的なのでしょうか。

2.私のつき従っている神であるあなたが、本物の神であるということをどうか示してください。



私はこの二つの問いをもって毎日、毎日、主に祈り求めました。すると、ある日、主は私に「pastor」という一言をくださいました。

Pastor?パスタ―といえば、牧師のことではないでしょうか?しかしどう考えても自分には牧師としての適性がないように思われました。

そこで私は自分の教会の牧師さんにそのことを相談しに行きました。すると牧師は、祈った後、私をセル・グループのリーダーに置いてくださいました。しかし、やはり、自分の中で霊的にしっくりいかない部分があるのを感じました。





こうして歳月が流れていきました。私はなおも祈り続けていました。するとある晩、私は幻を見ました。

目の前に、大きな木製の門が立っていました。すると、そのゲートが開き、外から大勢のバックパッカーの若者たちがこちらになだれ込んできました。見ると、皆、泣いていました。そして泣きながらこちらに向かってくるのです。気がつくと、私も彼らと共に泣いていました。



若者たちを家に招く


それからしばらくしたある日の主日、私は教会の中でバックパッカーの若者たちに出会いました。彼らはクリスチャンの友人に誘われて、教会に来てみたのだそうです。

彼らを見た時、私の心は激しく動かされました。そしてすぐにその子たちを自分の家に招くことにしました。

最初の週、6名の若者が家にやって来ました。そして次週には10名やって来ました。そして12名、15名、20名と、、どんどん若者たちがやって来るようになり、わが家には収まり切れなくなりました。そこで牧師に相談し、教会の一室を借りて、そこに集うようになりました。


傷つき、さまよう若者たち


budget-backpacker-smallchinamikecom.jpg
バックパッカー、source


円座になって、彼らバックパッカーの子たちの話に耳を傾けていて、私は彼らの心の痛み、傷に深く心を刺されるようになりました。

台湾、香港、日本、韓国などからのアジア人の若者たちがほとんどですが、彼らは親の離婚、家庭問題、うつ、孤独、無目的、虚無など、多くの苦しみを抱えながら旅している子たちでした。

彼らの多くは四年制大学を卒業した後、エンジニアや専門職などの職業につきながらも、自分を見失っている状態にありました。

「何のために生きているのか?」
「どこに向かって生きていけばいいのか?」



we_are_all_alone____by_burcindrummer_large.jpg
source



そんな問いを胸に、そして、あてもなく、彼らはオーストラリアの大地を転々と旅しています。


牧する者


この7ー8年の間に、私は一万人以上のバックパッカーの若者たちと邂逅してきました。出会いと別れ、出会いと別れ、、その繰り返しです。

そして多くの若者たちがイエス・キリストに出会うのを目撃してきました。

特に近年、台湾、香港の若者たちの心が主に大きく開かれているのを感じます。「旅びと」という特殊な状況が、彼らの心をより外に向かって開かせているのかもしれません。

彼らの多くは自分のもろさやbrokennessを包み隠さず語り、涙を流します。そしてそんな砕かれた魂に、主はやさしく触れてくださるのです。

彼らと別れる時、私は涙を流しません。それである子たちは、私が彼らを愛していないのだと勘違いします。

そんな時、私は彼らに言います。

「あなたに対する私の愛は、神様から与えられたもの。だからこれは単なる感情じゃないんだ。私は今、あなたを祈りの内に主の御手に委ねる。そしてこの先、あなたがどこに行っても主があなたの魂を導いてくださるよう、こうしてあなたを送り出そうとしているんだよ」と。

そして私は気づいたのです。――主のおっしゃったあの「Pastor」という語の意味を。パスタ―というのは、教会の牧師のことも指しますが、元々の意味は、牧場を牧する「牧者 shepherd」のことです。

ああ、私は外にいるバックパッカーという若者たちを牧者の心で愛し、彼らをイエス・キリストの御元に連れてくるという意味でのpastorの召命を受けていたんだ、とそのことに気づかされたのです。

またこの羊たちは、私の羊ではありません。イエス様はペテロに、「わたしの羊を牧しなさい」(ヨハネ21:16b)とおっしゃいましたが、「あなたの羊を牧しなさい」とは言われませんでした。

ですから私は自由です。教会の出席人数に一喜一憂する必要もありません。

私は種まきをしたバックパッカーのその後のことをほとんど知りません。そのことも感謝です。なぜなら、それは私が自分の手に握る領域ではないからです。


私:日本の兄弟姉妹のみなさんに応援メッセージがあったらどうぞ。


:多くのクリスチャンの方々が「最近、主に対して心が冷えている。説教を聞いても、賛美をしても、なにか心が燃え立たない。この霊的倦怠をどうにかしたい」と言ってこられます。

そんな時、私は彼らを激励し、言います。「あなたは今、他の誰かに霊的糧を分かち合っていますか?」と。

私たちは受けた恵みを流さないでいると、次第に肥満化したクリスチャン(fat Christian)になっていきます。

説教やメッセージを聞いたままにしていてはならず、それらを他の誰かと積極的に分かち合っていくことがとても大切だと思います。霊の燃え立ちも、その積極的な分かち合いの中で再熱していくと信じます。

ありがとうございました。


オーストラリアにいる日本人バックパッカーのみなさんへ。

パース市にいるベンさんに会いに行こう!

packpackerinperth20160304.png
バックパッカーのみんなと公園でピクニック (後列左から二番目がベンさんです!)


Kingdom Light Perth教会

日曜日午前9:30 (北京語・広東語バイリンガル礼拝)
場所:1 Hillview Place BENTLEY1, Perth

日曜日午前11:00(英語礼拝)
場所:29 Darnell Avenue MT PLEASANT, Perth

ベンさんのフェイスブック:benchan17@gmail.com




私:ベン兄、こんにちは。日本の読者のみなさんに、自己紹介してくださいますか。


:こんにちは。ベン・チャン(46)と申します。オーストラリアのパース市在住のクリスチャンです。妻ジェイスとの間に二人の息子(14才、10才)がいます。

私はマレーシアのセレンバム市の華僑家庭で生まれました。私の生まれ育った場所は、福建語、広東語の他にも、北京語、客家語など多くの言葉が日常的に話されている多言語・多文化地域でした。


Chinatown-Kuching20160304.jpg
マレーシアのチャイナ・タウン


12才の時、一家でオーストラリアに移民しました。現在、仕事をしながら、Kingdom Light Perthという教会で奉仕しています。


私:ベン兄は、仏教徒の家で育ったと聞いています。どのような経緯でイエス様を信じるようになったのか、救いの証しをお聞かせください。


:私はオーストラリアで青春時代を過ごしながら、お酒、たばこ、ドラッグなどを覚えていきました。髪も長髪で、ヒッピーさながらの生活をしていました。

約10年ほど前になりますが、ある日、私は職場の同僚の家に夕食に招かれました。彼はクリスチャンでした。私はキリスト教についての知識はほとんどなかったのですが、その家には、人をリラックスさせ、平安な気持ちにさせるような何かがあるのを感じました。

当時、私は子育てのことで悩んでいました。私は自分の父親から愛されていると感じることなく育ってきましたので、幼い息子たちには、それとは別の接し方で子育てをしていきたいと思っていました。しかし実際、どうしていいのか分かりませんでした。また妻との間にも問題を抱えていました。


同僚の証しをきく


同僚の家には19才になる息子さんがいましたが、本当にすばらしい息子さんでした。私はそれに感動し、本来すべきビジネス・トークなどそっちのけで、「どのようにしたら、こんな立派な息子さんを育てることができたのですか?」と同僚に尋ねたのです。

すると、同僚は彼の信じているイエス・キリストについて語ってくれました。その後、三時間余りに渡り、私は次から次にキリスト教のことについて、彼に質問をしました。

帰り際、同僚は私のために祈ってくれ、こう言いました。「ベン、これからは何か心に問題があったら、イエス・キリストに祈ったらいいよ。」


仕事上のトラブルとはじめての祈り


それからしばらくしたある晩、私はある仕事上のトラブルのことで、寝付けず、苦悶していました。ついに起き出し、リビングに行くと、「気休めにテレビでも観ようか」と思いました。

しかしその時、同僚の言葉がふいに思い出されたのです。私はキリスト教徒のように跪き、手を組み合わせ、「私は同僚から、あなたに祈ればいいと聞きました。あなたが本当に実在するのなら、私の抱えているこの問題の解決策を教えてください」と祈りました。

そしてまたベッドに戻り、目を閉じました。

するといきなり、最初の問題の解決策が頭をよぎったのです。そして、二つ目、三つ目と、立て続けに解決策が与えられ、私は驚いて声を上げました。すると妻が起きて、「どうしたの?何があったの?」と訊いてきました。私は「うん、朝起きたら、話すよ」と言いました。


なぜか涙が出る


朝起きると、妻がテレビを観ていました。シンガポールからの衛星放送で、その時ちょうど、キリスト教の牧師がメッセージをしていました。

私はその人の語る言葉に耳を傾けました。すると、ブラウン管の向こうから何かが自分の中に入ってきて(そういう表現しかできません。)、気がつくと、私は泣いていました。妻は、涙を流している私に驚いていました。

「僕は教会に行ってみたい。」私は妻にそう話しました。

私はここでうつ病のことについて話したいと思います。当時、私はうつ病を患っていました。しかし今思うと、主はうつ病という病を通して、私の心を神の動きに対しsensitive(敏感)にしてくださっていたと思います。また、さまざまなトラブルや挫折を通して、私のプライドも砕かれつつありました。


魂(soul)と霊(spirit)の確執


しかし私の魂の力はまだまだ強く、地についていました。教会に通い始めてしばらくして、教会の方に導かれ、「イエス・キリストを心に招き入れる祈り」というのをしたのですが、祈った後、私の魂は「ああ、こんな祈りなどしなければよかった」と言っていました。

そして、教会からの帰り、車の中で妻に、「キリストを受け入れる祈りなんかしてしまった。ああ、後悔してる。」ともらしました。

しかし御霊は私のかたくなな魂とプライドを打ち砕きつづけ、それと共に私の霊はキリストに対してさらに開かれていきました。


(その2)につづきます。


26b9e067a3b1e260e24df8b3be0b0cb5 20151226
クルディスターン


クルド人S牧師の救いの証しを読んだ方は、史上はじめてのクルド人教会(イラク)が、ハーゼムという名のアッシリア人クリスチャンの愛の働きを通して誕生したという感動的な出来事を今も記憶にとどめておられることと思います。

私は何人ものクルド人やペルシャ人の口から、この兄弟の名前が敬意と愛情を込めて出されるのを耳にしてきました。そしていつの日か、この方に直接お話をうかがうことができたらと願っていました。

感謝なことに、主はその願いを聞き入れてくださり、先日、ハーゼム兄から直接、救いの証しを聞くことができました。

☆☆

:こんにちは、ハーゼム兄。あなたのことは多くの兄弟姉妹から伺っております。まず、どのようにしてイエス・キリストに信仰を持つようになったのか、その経緯をお話ください。


:私たちの神に全ての栄光をささげます。私はイラク北部のクルド人自治区で生まれました。民族的には私たちの家族は、アッシリア・アラム人(Asshuri Aramaie)です。

生まれて一年ほど経った頃、私たち家族は自治区の首都Erbilに移り住みました。家族の宗教は、Chaldean Catholic(カルデア・カトリック)でした。

この「カルデア・カトリック」という名称について。調べてみると、18世紀にローマ教会が中東のこの地域に進出した際、競合する当地のアッシリア東方教会との間に差異をつけようと、カトリックに改宗したアッシリア人のことを意図的に「カルデア・カトリック教徒」と新しい名称で呼び始めたことが名前の起源だそうです。ですから、彼らは民族的にはあくまで「アッシリア人」であり、紀元前10世紀以降にメソポタミア地方に移り住んだセム系遊牧民カルデア人とは関係がないそうです



話は1995年にさかのぼります。M市では姉が大学生活を送っていました。彼女はキャンパス内で某宣教師によって福音を聞き、イエス・キリストに信仰を持つようになっていました。

ある日、姉は私の所に来てこう言いました。「ハーゼム。私は、あなたに最高の贈り物をあげようって思う。だから、全てを捨てて、これを受け入れて!」そして彼女は一冊の本を私にくれました。見ると、アラビア語で書かれたインジール(新約聖書)でした。

当時、私は自分の生死に関わるような深刻な問題におびやかされていました。私はこの問題から逃れようと必死にもがいていましたが、自分の力では抜け出ることができませんでした。


逃亡


そしてついに、私はErbilを去り、Mosel地方の小さな村に住む叔父の家に身を寄せることになりました。人里離れた村の中で、私は「死にたい。死にたい」とそればかり考えて日を過ごしました。

ある日私は、村にある丘に登り、頂に腰を下ろし、一人物思いにふけっていました。するとその時、急に「私はなんとしても生きなければならない」という強い思いが湧き上がってきたのです。

そして私は神に向かって語りかけました。「もし生きるとしたら、これから私は、ただあなたのためだけに生きようと思います。」

その日は春日和で、丘に到着したのは午後の三時過ぎだったと思います。その祈りをし終えた後、私はそのまま地面に横たわり深い眠りにつきました。


新生


目が覚めると辺りは真っ暗になっていました。私は急いで叔父の家に向かいました。

表情の明るい私に気づき、叔父がどうしたのかと尋ねてきたので、私は、「私の問題は、神様ご自身が解決してくださるのです!今、私にその信仰が与えられました。」と言いました。それを聞いた叔父たちはあまりの事にあっけにとられていました。

そして朝が明けるや否や、私はErbilに向かって帰途に就いたのです。

実家に辿りつくと、私は以前、姉にもらったあのインジールを部屋から取り出してきました。そして家族に「この本の中に解決があります!」と宣言しました。

父は「お前は頭がおかしくなったのか?」と言いましたが、姉は、私の味方になってくれて、「お父さん、そうなんです。主なる神はハーゼムの問題を解決おできになります。」と擁護してくれました。


あなたのために生き、死にます


こうして私は聖書を読み始めました。みことばは私に語りかけ、私は一行ごとに、「アーメン!」と応答しながら、読み進めていきました。そのうちに悔い改めが起こされ、私は主の前に自分の罪を告白し、イエス・キリストを救い主として心に受け入れました。

そして私は主に言いました。「生きるのなら、私はただあなたのためだけに生きます。もし死なねばならないのでしたら、その時もただあなたのために死にます。」


クルド人伝道の幻


それから一年後、主は幻の中で私に顕れてくださり、私はクルド人を始めとするムスリムの人々にもイエス・キリストの福音を宣べ伝え始めました。

1997年当時のクルド自治区においては、ムスリムへの福音伝道は死罪に当たる大罪でした。そのため、恐れた父は、「お前が伝道をやめるまでは、今後一切わが家にお前を入れるわけにはいかない。」と言い、私を家から追い出しました。

私は宿り場を求めて、親戚や友人の家に行きましたが、皆、トラブルに巻き込まれることを恐れ、私を受け入れてくれませんでした。

そのため、私は昼間は公園で過ごし、夜はひそかに実家の庭に隠れ、そこで休眠をとりました。(私が庭で寝ているということを母だけは知っていました。)


御使い


ある晩、庭で寝ていた私に御使いが現れ、「行って、福音を宣べ伝えなさい。恐れてはいけない。そして明日、父親の所に行きなさい。彼はあなたを受け入れるでしょう。」と言いました。

私はその声に従い、朝の五時に玄関にまっすぐ向かい、「お父さん、僕は家に戻りました。」と言いました。すると、父は私を抱きしめ、「これからはお前の良いと思うようになさい」とさえ言ってくれたのです。

こうして私は道端でも人々に聖書を配り、伝道を続けていきました。救われる人々も起こされていきました。


逮捕


2000年、私は伝道をしていたかどで、警察に逮捕されました。

逮捕の知らせを受け、国連も私の安否を知ろうと、警察に問い合わせていましたが、クルド警察は、「そのような人物は刑務所にはいない」と答え、逮捕の事実を否定したため、家族も他の兄弟姉妹も私の行方を知ることができずにいました。

私はその時、手を縛られ、目隠しをされた状態にありましたが、耳から入ってくる看吏たちの話し声により、その事を知りました。警察は誓約書を私の前に置き、「今後は、福音をイスラム教徒に伝えません」という項にサインをするよう強要してきました。

私は彼らに答えました。「私はクルド人を愛しています。しかも私が彼らに伝えようとしているのは良い知らせなのです。そして私は決して彼らにそれを強要しません。受け入れるか受けないかは彼らの選択次第です。」

この発言により、私はいつも以上に暴行を受けました。


祈り


独房に戻された後、私は両手を壁につけ、祈り始めました。

「生けるキリスト、あなたが私をここに導いてくださったことを信じます。あなたはここで何かを私に示してくださるのでしょう。私は今、最大の試練に遭っています。しかし、このただ中にあって、私はただあなたの御名だけを呼びます。アーメン。」

すると私に啓示があり、主は、「あなたは今日、釈放されます」と仰せられました。

しかし刑務所の業務時間は、午後3時までであり、その時、すでに時刻は夜の7時を過ぎていました。また釈放には、書類による手続きが必要であり、3時以降はそういった手続きは行われていませんでした。

夜の9時に、一人の看吏がやって来ました。「お前はハーゼムか?」と訊かれたので、「そうです。」と答えると、その看吏は、「釈放だ」と言いました。

こうして私は主の啓示通り、その日、(書類手続きもない状態のまま)釈放されました。

その後も、逮捕・釈放が繰り返されましたが、教会は成長していきました。


:ハーゼム兄、イラクにいるアッシリア人とクルド人の間には、長年に渡って宗教的、民族的壁が存在してきたと聞いています。しかしあなたはクルド人を愛し、彼らの教会の牧者として魂に仕えておられます。何がそれを可能にしたのでしょうか。


:答えは「キリスト」です。ただただキリストのゆえです。

キリストの目に、私たちは皆同じです。私は、クルド人にも、トルコ人にも、ペルシャ人にも、ムスリムにも、(福音を聞く必要のある)キリスト教徒にも、すべての人に福音を伝えています。

伝道をする時、私たちは、目の前にいる人の民族や国籍や言語といったもの以上に、まずその人を「一人の人間」として見ることが大切だと思います。


民族の違いを超えて


使徒パウロは、自分の民族を愛していました。しかし救われた後、むしろ彼は異邦人のために多くの働きをするようになりました。シリア、トルコ、ギリシャ、ローマと当時の聖書地図をみると、パウロがどれだけ異邦人の住む世界に出て行って、彼らの救いのために立ち働いていたかに驚かされます。

キリストの愛に満たされたパウロは、民族の違いを超え、異邦人に福音を宣べ伝えたのです。

地上に引力のような自然法則があるのと同様、霊の世界にも原則があります。それは全ての人が罪を犯し、神の栄光を受けられなくなっているという普遍的事実であり、従って、皆、救いを必要としていることです。

そこに民族的えこひいきはありませんし、罪の大小もありません。


:ハーゼム兄、日本の兄弟姉妹に何か応援メッセージがありましたら、どうぞ。


:日本の方々は不正を行なわず、礼儀正しいです。私は日本のみなさんを愛しています。あなたという日本人がイエス・キリストに信仰を持つことで、多くの国々の民が祝福を受けるようになるでしょう。

どうか、どうか決してキリストを否まないでください。一人一人がイエス・キリストを受け入れる必要があります。

ルカ1:30-33を読み上げます。

すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。(His Kingdom there shall be no end.)」



どれほど秩序があり、安定した国であっても、地上の国は一時的です。しかしキリストの王国は決して終わることがありません。どうか、この王国に生きる人になってください。

日本人は美しい民です。私はその美しい民がキリストを受け入れず滅んでほしくない――そう心から願い、あなたがたに嘆願します。どうかキリストを受け入れ、キリストと共に生きてください。


:ありがとうございました。


―インタビュー終わり―




↓ハーゼム兄の母語で歌われている「主の祈り」です。













ET-AX-painting-001_large.jpg
シオンの聖マリア教会の古代壁画。祭司たちが楽器を片手に賛美している様子が描かれています。エチオピア Axum市


:メフレット姉妹、こんにちは。日本の読者のみなさんに少し自己紹介してください。


:こんにちは。メフレットと申します。私はエチオピア人で、18歳の福音派クリスチャンです。現在、フランスのRennes市にある大学の医学部一年生です。家族は四人家族です。


1c2dd3c3b29d4a0d049cfd8cf50cf567 20151222


:エチオピアの宗教構成はどうなっていますか。


:はい、国民の約60%強が、エチオピア正教会徒(オーソドックス・クリスチャン)で、30%ほどがイスラム教徒です。私たちのようなプロテスタント教徒はマイノリティーです。


000-VeryFinalBlog025 erikajschultz com
エチオピア正教会で賛美をささげるクリスチャン女性 source


昨今、エチオピアでもイスラム勢力が勃興しており、そのため、正教会は自らを守るためにも、伝統主義に回帰しているような印象があります。私の父も正教徒の家庭で生まれました。しかし共産政権の時期に、無神論者になりました。

母は熱心なバプテスト教徒で、共産政権下の迫害期、地下教会で懸命に信仰を守りました。やがて父もイエス様に信仰を持ち、さらに献身へと導かれました。そして両親は厳しい状況の中、イエス様に仕え続けました。現在、私の家族はアラブ首長国連邦に移住し、父はそこにあるバプテスト教会の牧師をしています。


yhst-14294735313614_2269_11367943.jpg
エチオピア語の聖句 「心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」箴言3:5、6


:メフレット姉妹は、どのようにして信仰に導かれたのですか。


:私は4才か5才の時にイエス様を信じました。両親は愛をもち、でもしっかりと私たち子供に聖書教育を施してくれました。ドバイに移住して後、青年会を導いていたリーダーを通し、私はこれまで自分がイエス様を救い主としては受け入れてきたけれど、自分の人生の(Lord)として受け入れてこなかったことを気づきました。そしてその事を主に祈りました。

すると自分の中で変化が生じてきたのです。それまでは、私は他人の目が気になって仕方がありませんでした。でも、今、私は、「自分という存在は何を映し出しているのだろう?」とその事を考えるようになりました。そして主イエス様のために生きていきたいと願うようになりました。


:ところで、メフレット姉妹、突然、話は変わりますが、エチオピアの人々は毎日何を食べて生きているのですか?(笑)私たち日本人は地理的な遠さもあって、エチオピア人の日常の食生活についてあまり知らないのです。


:エチオピアは多文化です。地域により、また民族により、言葉も違えば、食文化も違います。

でも、皆が食べている主食は何かというとインジェラ(injera)です。インジェラというのは薄型のナンで、私たちはこの上にお惣菜をのせ、特製ソースをかけて食べます。エチオピア北部ではヒヨコ豆のソースがよく用いられています。


dinner eastbayethniceats com
インジェラとおかず


インジェラについて一つおもしろい話があります。聖書をエチオピア語に翻訳する際、翻訳者たちは、「わたしはいのちのパンです」という聖句を、「わたしはいのちのインジェラです」と訳しました。

なぜかというと、エチオピアの人にとっての「パン」はインジェラであり、これこそ私たちが生きる上で欠かせない食べ物だからです。


:それはとても興味深いポイントです。韓国語の聖書も、同じような理由で、ヨハネ6:35を「나는 생명의 이다(わたしは、いのちのです)」と訳しています。聖書翻訳と文化という点で、これは非常に考えさせられますね。

メフレット姉妹、あなたは医師になった後、どんな分野で働きたいと思っていますか。


:主のみこころを第一に求めたいです。エチオピアにはレイプ被害に遭う女性がたくさんいます。将来、そのような女性たちのためのシェルターを作る働きができたらいいなと思っています。


:メフレット姉妹、何か祈り課題がありますか。


:私たちは、エチオピアのキリスト教会史を、あのエチオピア人の宦官(使8:27)の新生をもって始まったとみています。すでに1世紀の時点で、イエス・キリストの福音はエチオピアに伝播していたのです!


465px-Bete_Giyorgis_03.jpg
Bete Giyorgis、(エチオピアの教会、12世紀)


しかし現在、この国の人々は希望を失っています。政治の汚職も深刻な問題です。どうかエチオピアのクリスチャンに再び強い信仰が与えられるようお祈りください。


:ありがとうございました。








11870942_741640495958495_5443659183377836428_n.jpg
おお 汝の存在は天的です。おお 汝のご臨在には喜びが溢れています。
おお耀きに満ちた希望の光。おお汝は 暗く冷たき心をあたためる太陽であられます!

―キリスト者による現代ペルシャ信仰詩より



K兄はイランのキリスト者であり、献身者として某プロテスタント教会で奉仕しておられる方です。

彼は約十年前にイエス・キリストを救い主として受け入れ、信仰を持ちました。

今年、主の導きにより、この兄弟はクリスチャンの信仰詩を音声にしてyoutube上に流し、それを通してイエス様の愛と福音のメッセージを分かち合おうと尽力しておられます。


☆☆

:K兄、こんにちは。今年に入って、Nedaye Doost(=友の声、ندای دوست)というチャンネルを立ち上げられましたね。そもそも「友の声」とは何を意味しているのでしょう。どのような思いでこの名前をお付けになったのですか。


:祈りの中でこの名前が与えられました。「友の声」の「」はキリストを指しています。つまり「キリストの御声」です。

私にとってキリストは牧者であると同時に、誠実でもっとも親しい友でもあります。またこの「声」(Neda)はイザヤ40:3の聖句にも基づいています。御霊の中で、その深い御臨在の中で、神の御声にじっと耳を澄ませたいという願いが私の中にあります。


mqdefault.jpg
Nedaye Doost (*この書体は、ナスターリーク体です。日本書道でいう「行書体」です。)


:なぜNedaye Doostを始めようと決意なさったのですか。


:最近のキリスト教番組や放送を見ていますと、さまざまな装飾の中で、キリストにではなく、「人」にスポットライトが当てられているように思います。

私はできるだけそのような人間的な技巧を避け、シンプルに声による朗読だけでキリストの栄光を証していきたいと思いました。

その詩詠を聴く人が一人であろうが、一万人いようが、神の前に数は問題ではないと思います。なぜなら、主は魂をひとりひとり愛してくださっているからです。


:この地上におけるあなたの情熱は何ですか。


:キリストの愛が私を引き寄せました。今、私の心を占めているのはキリストの御国です。

私は多くの男女の心が御霊の火によって燃え上がり、御国の拡大のために、神の栄光のために立ち上がることを夢見ています。

現在、多くの教会において神の栄光は覆われた状態にあり、私たちは輝かしいその栄光を見ることができないでいます。しかしその覆いが取り払われる時、偉大なる御霊の顕現があることでしょう。



:何か祈りの課題があったらおっしゃってください。日本の兄弟姉妹が執り成しの祈り捧げてくださると思います。


:主によって導かれている召命の道が塞がれることのないよう、どうぞお祈りください。障害物に足を捕らわれることなく、私がその道を進んでいくことができるように。

御霊の流れは自由ですが、人間がその自由な動きを制限してしまう場合があります。しかしその制限が取り払われるなら、御霊はいよいよその歩みを速め、力強く前進していくようになります。

何に対しても恐れることなく、召された道をひたすら進んでいくことができますようお祈りください。ありがとうございます。



次につづく記事で、K兄弟のお書きになった信仰詩を一つ紹介させていただきます。






IMGP3680.jpg
クルド人の民族衣装、source

統一国家をもたないクルド人の話す「クルド語」も、その複雑な政治状況を映し出すかのように、多様なあり方・方言分布、そして表記がなされています。

「クルド語」という国語ないし「共通語」は存在せず、地域ごとにかなり異なる「方言 dialect」が話されているのが現状です。


クルド諸方言の分布図


kurdish_lang_map.jpg

代表的なクルド方言 上位二位

1.クルマンジー方言(Kurmanji)薄い緑いろの部分です。トルコ、シリア地方に住むクルド人の話す言葉)

2.ソラニー方言(Sorani)黄色の部分です。イラン西部、イラク北部に住むクルド人の話す言葉)



1のクルマンジー方言ですが、1991年まで、トルコ政府は、(トルコ領内に住む)クルド人がこの言葉で出版したり、家でクルド語を子どもに教えたりすることを違法としていました。

そのため、クルマンジー語での文芸・出版活動は、ディアスポラの亡命クルド人たちによってスウェーデン等を拠点に行われてきました。クルマンジー方言は、現代トルコ語と同じラテン文字表記です。

一方、2のソラニー方言は、イラク北部のクルド人自治区を中心に比較的自由に出版活動がなされているようです。文字はアラビア文字表記です。

ちなみに、クルマンジー方言とソラニー方言とでは、日本語と韓国語ほどの距離があり、お互いの間での意思疎通はかなり難しいといえます。


聖書サイト

クルド諸語による聖書サイトとしては、Kitabi Pirozというすぐれたクリスチャン・サイトがあります。ソラニー方言、クルマンジー方言、べフディニー方言、ザザキ方言等の聖書翻訳が、オンラインで読めるようになっています。


クルマンジー方言(新約聖書オンライン、ここをクリック。)
title-lkj252B.jpg

ソラニー語(新約聖書オンライン、ここをクリック)
title-sorani252B252B.jpg


その他、役に立つ学習サイトもいくつか挙げておきます。

1)ソラニー方言を学びたい方へ

Sorani Kurdish(ソラニー方言への優れた道案内)

Basic Guide-Sorani(音声付き)

An Introduction to learning Kurdish in English(Youtubeでのソラニー語入門)




2)クルマンジー方言を学びたい方へ

Learn Kurmanji Lesson 01 Alphabet (クルマンジー方言のアルファベットとその読み方レッスン、Youtube)

Learn Kurdish language Kurdisch Lernen (Kurmanji)(スキットによる語学レッスン、かなり楽しく学べると思います!Youtube)



それから、最後にクルド語の賛美を少しご紹介しようと思います。


クルマンジー方言、アッシリア東方教会の賛美、楽器は(たぶん)Tarだと思います。



こちらもクルマンジー方言での賛美です。楽器としてはDaf等が使われています。



1コリント13章(クルマンジー方言)



この賛美はソラニー方言で歌われています。この曲を聴いただけでも、クルマンジー方言との音の違いがよく分かると思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。