FC2ブログ




幻が色あせ、

さまざまな事への感覚や力が、

空気の色のように

はかなく消え去ってしまうとき、



そして、

汝にささげ物を

携えてゆく力を

もはや失ってしまったとき、



祈ることもできないとき、、、





そんな時、

パラダイスから吹きよせてくる

よそ風のように、



私の耳に、魂を癒すことばが

ふっと入ってくる。



「私が手を上げることが、

夕べのささげ物として

立ち上りますように。」



そう、主はたしかに聞いてくださる。





Amy Carmichael, No Strength to Pray
私訳






DSC_666220160722.jpg

関連記事:

夕べの祈り―御前への香として天に立ち上る祈り [詩篇141篇を黙想する]

詩篇を歌う―神の前に悲しみ、嘆きの心を注ぎ出す【詩篇88篇】

霧はやがて消える―彼女の旅





スポンサーサイト





わが魂よ、

あなたはこれまで

幾多の要塞を打ち砕いてきました。



それなのに、なぜ今、恐れているのですか?




鞭の音、

戦に急ぐ車輪のガタガタいう音、

隊長たちの熱弁、


叫び、
混乱、
倦怠、
愚弄、、、



そういったことは

あなたにとって新奇なことなのでしょうか。



あなたの主なる神は、戦(いくさ)の神です。



―――


わが魂よ、

あなたは夢の中にいるのでしょうか。



あなたは剣の刃、

槍の突きの

鋭い感触を知っています。



あなたはこれまで倒れては起き上がり、

消沈しては立ち直り、


そして奮闘してきました。

――脅かしをものともせず。



いにしへに行なわれた闘いの中で、

あなたは幾多の要塞を打ち砕いてきました。




それなのに、なぜ今、恐れているのですか?





わが魂よ、

あなたの前にこれほどまでに

主の御力が示されてきたにもかかわらず、


なぜ今、あなたは恐れているのですか?




この方を見なさい。


あなたの光、隠れ家、

守り主、同伴者、愛しい方を。



この方こそ

敵が圧迫するときの あなたの支え、


幾千もの苦難のただ中にあっての

あなたの歌です。



これらは あなたにとって新奇なものなのでしょうか。



あなたの主なる神は、超然として

遠く離れ立っておられるのでしょうか。



わが魂よ、

勝利することを学びなさい。



あなたは剣の刃、

槍の突きの

鋭い感触を知っています。



あなたはこれまで倒れては起き上がり、

消沈しては立ち直り、


そして奮闘してきました。

――脅かしをものともせず。



いにしへに行なわれた闘いの中で、

あなたは幾多の要塞を

打ち砕いてきました。




だから今、

あなたは恐れることなどできない――、

そう、恐れることなどできないのです。




Amy Carmichael, Thou canst not fear now
私訳



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。