sunrise over the mountain


あなたに打ちつけている風をよけたいという願いから、

進まないといけない時に恐れてしまうことから、

もっと高く登らなければならない時にひるんでしまうことから、


おお船長よ、

あなたに従おうとしている汝の兵士を、


絹のようにすべすべした

この柔弱な自己から解放してください



妥協に向かうひそかな愛から

容易な選択、脆弱さから。



強固なたましいはそうではない


十字架につけられしお方は

このようには歩まれなかった



あなたのカルバリーを曇らせるすべてのものから

おお神の小羊よ、私を救いだしたまえ



行くべき道にわれを導く愛を 与えたまえ



どんなものによっても動揺させられることのない信仰を

どんな失望によっても しぼむことのない希望を

炎のように燃える情熱を



私を土の中に沈めることなく

あなたの薪炭、神の光炎としてください



エミー・カーマイケルの詩 (私訳)


スポンサーサイト

なんと芳(かぐわ)しいことだろう――ゲルハルト・テルステーゲンの信仰詩

沈黙の谷へ――オズワルド・チェンバーズの詩と祈り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。