IMG_0034.jpg

うれしいことに今日、ヨベルの角笛さんという方から下のようなコメントをいただき、この方のお書きになった、Ⅰコリント11章のかぶり物についての検証記事を拝読する機会を得ました。

女性の「かぶり物」についての記事はとても少ないように思います。 私も長年、この記述は何度読んでもよく分からないと感じていたので、ある時(2年ほど前になりますが)意を決して、分析してみることにしました。



A4で8ページにも渡る徹底検証記事です。→ コリントⅠ11章の女性のかぶり物についての考察 興味のある方はぜひお読みください。

なお、本記事の中で、

また「女性の髪はかぶり物の代わりに女に(神から)与えられている。」とも述べています。 それは言い換えれば、かぶり物が必要な場合でも、自前の長い髪で代用できる。ということと 同じであろうと思えます。


という記述を拝見いたしました。布のかぶり物の代わりに、長い髪で代用できるか否かということについては、私もこれを機に再度リサーチしてみようと思いました。

また、ヨベルの角笛さんのサイトを拝見させていただきましたが、氏は、かつて30年以上、エホバの証人として指導的な立場にいらっしゃったそうですが、あることがきっかけとなり、ものみの塔の教義が聖書と明らかに食い違っていることに気づき、脱会されたそうです。プロフィールのところには次のように書いてありました。

しかし、私自身の背景もあり、また同じ背景にある、もしくはあった「エホバの証人」の教理、解説が、聖書の記述とは明らかに違っていることや、エホバの証人が「ものみの塔」に騙されている決定的な証拠を、聖書そのものから、歴然とした証拠を示す記事を多く掲載していますので、特に「エホバの証人」との関わりがある方々に是非読んで頂ければと思います。www.yoberu-t.com



私の嘆願レターに誠実に応答してくださったヨベルの角笛さんに、この場をかりてお礼申し上げます。


1コリント14:34-35節は「後世に挿入されたもの」なのでしょうか?Ⅱテモテへの手紙はパウロとは別人物による書なのでしょうか?――リサーチしてみました!

「私には柔和で穏やかな霊がなく、従順な女性になろうとしてもなれないんです!」――ある姉妹の正直な告白