4537548317_6d835f41b3.jpg


この地に

二つの庭があった


――両方とも 丘の上に



一つの庭は ゲッセマネと呼ばれ


もう一つは

カルバリーの傍にあった




そのどちらも 

今もって 私たちと共にある



主よ、

オリーブ山に登るとき

そこにある庭を

見せてください



そしてあなたと共に

跪くことを教えてください


――いにしえのオリーブの木の下で



そして汝の祈りを祈ることを

学ばせてください




さらに丘を登っていく


――かつて 悪魔の勢力が

汝に挑んだ丘に



そして


平和な庭のある 

その場所に目を向ける



――汝を花々で迎えた

その場所に



(Amy Carmichael Kohila より 私訳)



スポンサーサイト

なぜかぶり物?理由その2 【御使いたちのため】

主よ、奇妙な冷たさから 私たちをお救いください――エミー・カーマイケルの詩と祈り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。