imagesSMAUJX7O.jpg


彼女のように 心楽しく 陽気に咲く花は 

かつてなかった



塩気にくすんだ砂 わびしい土地




びゅーびゅー 風に吹かれるシダ

かさかさのハマカンザシ

花など どこにも みあたらない 岸辺



その地で彼女は成長した





彼女のように たくましく咲く花は

かつてなかった


丘陵にある ―野鳥の姿さえ みえない―

きゅうくつな岩棚




その上を

四つの季節が 通ってゆく



せわしく 翼をはためかせ

吹きすさび

吹き荒れる 嵐の王



その地で彼女は成長した





彼女のように 満ち足りて咲く花は

かつてなかった



ガリラヤのお方に 心燃やされ、

愛を傾け、

この方に学んだ心




高いところに植えられても 

低いところに植えられても


火の墓 雪の原野にあっても―。




その地で彼女は成長した



Amy Carmichael, Toward Jerusalemより 私訳






スポンサーサイト

アンソニー・ノリス・グローヴスの生涯と信仰(1795-1853/イラク・インドへの宣教師)その1

私は悲しみを知っている―エリザベス・プレンティスの信仰詩

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。