埋められる?

しかり。




でも、

その種によって

大地は他を養うことができる。




後になって

何百万という人が―



その種が 地に埋められたことを

祝福する日がくるかもしれない




埋められる!

隠される!

人目につかないところに捨ておかれる?






漆黒の夜のなかに宿り、

芝土の下に


すべてを失いつつある

―そう、神以外のすべてを




埋められ、

もはや覚えられることもなく

失われた―


人はそう考える




でもそれらすべての犠牲を

神はおぼえていらして



いつか喜びの日に


満ち満ちたいのちを

みせてくださる




あなたは埋められていますか?

神のきよい種よ




あなたの心は

沈黙のうちに血を流していますか



ため息を歌に変えなさい



このようにしてのみ

収穫はくるのだから




Margaret.E.Barber, Buried?
私訳






スポンサーサイト

愛しい主の御胸に寄りかかって―エミー・カーマイケルの詩と祈り

アンソニー・ノリス・グローヴスの生涯と信仰 (その2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。