下の賛美は、2008年にジョエル・ホースト兄弟が作詞・作曲したものです。

その日の朝、ある人が、「○○君はかなり変わり者だよね」とジョエル君の友人(クリスチャン)のことを揶揄して言ったそうです。

ジョエル君は農場に向かう道すがら、「○○が変わり者なら、僕だって変わり者ってことになる。だって、僕も彼と同じ考えと信仰をもって生きてる、、、」と物思いにふけっていたそうです。

そうして農作業を始めたとき、心の中に、新しい歌詞が湧き出てきました。そして、「そうだ。イエス様のために僕はラディカルな者とされたんだ!」と元気が出てきたそうです。

夜にはメロディーも与えられ、その日以来、この賛美(A Radical for Jesus)は、彼のテーマ・ソングになりました。


1.僕は知っている。

自分のことを変わり者だなって思っている人がいることを。

そしてラディカルな人だと。


あるいは僕のことを狂信的って思っている人もいるだろう。


そんな時、僕はいつもこう答える。

「友よ、もし君の言い分が正しいのなら、

それなら、僕は確かにラディカルになったんだ。

――光の中を歩むことによって。」


コーラス:

おお、イエスのためのラディカル者!

それこそ僕がなりたいものだ。


主の掟を守り、

それに誠実に従うことによって。


「もしわたしを愛するなら、わたしの掟を守りなさい」

って主はおっしゃったから。


だから、僕はこれからもラディカルな人でいよう。

イエスの御手を握りながら。



2.みんなと違っていたいし、目立ちたいから

あえて違う道を選ぶ人もいる。


みんなが通ったことのない道を

通りたいって彼らは思っている。


もちろん僕は彼らのようには考えていないけど、

やっぱりラディカルであることには変わりがない。


なぜ僕がラディカルかって?

それは、僕がラディカルな掟に従っているから。

(コーラス)



3.君は僕がクレージーだって思うかもしれない。

「あの人、ちょっと行き過ぎているんじゃない?」って。


君は変に目立ちたくないだろうし、

現状維持を望んでいるのかもしれない。


でも最後の審判の日に、

僕は 

主から退けられるんじゃなくて、


こういう言葉を聞きたい。

「よくやった。良い忠実なしもべだ」って。

(コーラス)



この曲のMP3をダウンロードしたい方は ここをクリックしてください

Sheet Musicをダウンロードしたい方は ここをクリックしてください





スポンサーサイト

三谷隆正 『信仰の論理』―「他者の体験」より

「教会の偽教師につまずき傷つけられても、僕は最後までイエス様につき従っていきます!」―ジョエル・ホースト兄弟にインタビューしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。