head-covering-testimonies.jpg

はじめに
 今回は、祈りのベールの証し人としては、これまでで最年少(16歳)のエリンさんのインタビュー記事をとりあげます。この記事を訳しながら、私はエリンさんのしっかりした信仰と、成熟したものの考え方に「すごいなあ」と感心してしまいました。それではどうぞお読みください。

名前:エリン・バーネット
年齢:16歳
:北アイルランド ベルファースト市
祈りのベールを始めた時期:2014年6月

northern Ireland

1)エリンさん、読者のみなさんに少し自己紹介してください。

私は北アイルランドの高校一年生です。

Erin-Burnett.jpg

私は愛情深いクリスチャン家庭で育ちましたが、残念なことに、ジェンダーの役割に関する私の考え方は、うちの家族が通っていたリベラル派教会の教えの影響によって歪んだものになってしまっていました。(女性の牧師就任や中絶合法化支持など)

私は聖書など全然読んでいませんでしたが、それにもかかわらず、とても独善的な振る舞いをしていました。

しかし神は私の人生の中で働き始められ、私はある時、突如として自分で聖書を読みたくなったのです。この時期、私は主イエス・キリストによる救いを体験しました。

その後しだいに、私は自分の属している教会の中にこれ以上とどまり続けることはできないと感じるようになっていきました。

というのも、この教会では聖書に正当な権威が与えられていないように思えたからです。

こうして16歳になった時、両親は私がこの教会を去ることを許してくれました。―両親は私の信仰の持ち方には同意してくれていませんが、それによって私たちの親子関係にひびが入ることのないよう配慮してくださっています。

現在、私は受験勉強で忙しくしていますが、空き時間にはクリスチャン・フィクションを読んだり、書いたりしています。

また私はカルヴァンやその他改革者たちの神学に関心を持っており、卒業後は神学の勉強をしたいなあと思っています。でも私の最大の望みは妻になり、母親になることです。

2)どこの教会に通っていますか。そこの教会では他の方々も祈りのベールを実践しておられますか。

私は今年の1月から、マウント・メリオン自由長老派教会(Mount Merrion Free Presbyterian Church)にフルで通い始めています。それまではユースの集いだけに参加していたのです。

ここは被り物の教えがなされている教会です。巻末に紹介されているベールの教えの説教(Headcovering and the Young Christian)はうちの教会でなされたものなんです!

この教会は住宅街の中にあるとても小さな教会ですので、地域に出て行って福音を伝えるのに格好の教会です。

私は講解説教が大好きです。自由長老派教会には政治的な意味合いにおいて、少々マイナスのイメージがつきまとっているかもしれませんが、この教会の焦点は常に福音であったし、現在もそうであるということを申し上げておきたいと思います。

3)どのような経緯で祈りのベールを始めるようになったのですか。

14歳の時、はじめて新約聖書を読み始めたのですが、いろいろな箇所に驚かされ、ショックを受けました。―特に1テモテ2章と1コリント11章です!キリスト教会における「ベール」というのは、私にとって初耳だったのです。

ベールというのはイスラム教徒だけのものかと私はそれまで考えていました。(祈りのベールに関する)文化的解釈に基づくさまざまな議論を聞きましたが、納得がいきませんでした。

聖句の重要な箇所を捨て去ってしまうことは、それ以後、次から次にその他もろもろの教えが拒絶されるという――滑坂へと私たちを陥れる結果になります。

それがどれだけ危険かということは、主流のプロテスタント諸教派の大半が現在、どのような状態になってしまっているかをみれば一目瞭然だと思います。

また私は次のような反論も受けました。それは、祈りのベールというのは結婚した女性のためだけのものであり、もしくはここの聖句でいっている「女」とは成人だけを指しているのだという反論です。

この点に関して私は完全に確信を持っていたわけではなかったので、しばらくの間、ベールを着けたり、やめたりしていました。

しかし、主の助けを求め、また次のような記事(ココ)やオーディオ説教を聴いて探求し続けた結果、パウロの言うが如く「心の中で確信を持つ」(ローマ14:5)ようになりました。

私は祈りのベール、そして神様のデザインされた女性らしさというものが大好きです。

4)人目を恐れて、祈りのベールを実践することができずにいる女性たちに何か励ましの言葉はありますか。

恐れというのはサタンの使う道具であり、それによって、サタンは、私たちが満ち満ちたクリスチャン・ライフを送ることができないよう阻みます。

考えてみてください。あなたがベールを着けたことで最悪何が起こりますか?

結局のところ、私たちの周りの世界の人々にとって、それは単に一切れの布にすぎないのです。

キリストと共に歩む道程を通して、私たちは数多くの困難を乗り越えてゆかなければなりませんが、それは祈りと、御言葉を読むことを通してのみ、なされうることなのです。

私の好きな聖句は2テモテ1:7です。「神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。」

それにみなさん、ベールってなかなか楽しいものでもあるんですよ!

5)祈りのベールに関して、最もすばらしい点、それから逆に最も困難な点は何でしょうか。

一番すばらしい点は、そうですね、とっても女性らしさを感じることです。

そしてベールという、目に見えるシンボルを通して、―この世および、そこから生み出されたフェミニスト文化からの分離―がなされることです。

またベールを実践する私たちの姿をみる人々にとって、私たちが聖書をまじめに受け取り信じていることが、これによっても証しされるのです。(だからといって、ベールを被っていない方々が聖書をまじめに受け取っていないということではありません!)

一方、最も困難な点は何かというと、人々が私たちのことを律法主義者だとか、ファンダメンタリズム(根本主義)に洗脳されてしまったとか、そういう風にみなすことです。

また、被り物をしていない人たちのことを見下すような思いにもなりがちです。でもこれはあってはならない高慢な態度です!

祈りのベールは大切ですが、全てを貫いて最も大切な主の掟から私たちをそらすものになってはいけません。

6)どんな種類の被り物を使っていますか。どこで購入していますか。

現在、私は(上の写真に写っているような)クローシェ編みの帽子を使っています。母が買ってくれたものなので、どこで売っているのかは分かりません。

でも夏場には、バンダナ風の被り物をしようかなと考えています。

他の女性たちが紹介してくださっているかわいいネットのお店は、(そのほとんどが米国にあるものなので)私たちのような海外購買者にとっては郵送料がかなり高くつきます。英国・ヨーロッパにあるどこかよいお店を知っている方がいましたら、ぜひ教えてください。

―インタビュー終り―

付記)
headcovering-and-the-young-christian1.jpg

メッセージ:Headcovering and the Young Christian

↑はエリンさんの通っている教会でなされた説教 Headcovering And The Young Christian (被り物と若いクリスチャン)です。

これは若者に向けてのメッセージですが、どの年代の人が聴いても有益なものです。フィリップ牧師は、外的なベールのことを説くと同時に、私たちの心が御言葉によって治められること、一致することの大切をも強調しておられます。

またメッセージの終わりの方では、さらに大切なcoveringとして、キリストの尊い血潮のうちにあるcoveringへと私たちの心の目を向けさせています。(収録時間38分)





スポンサーサイト

天にある礼拝

エルサレムに向かって―エミー・カーマイケルの詩と祈り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。