FC2ブログ

8511248_1.jpg



心の〈家〉―



私たちの贖いが

汝にとって 

どんなに大きな犠牲であったかを忘れないために



私たちの もっとも崇高な思いを


汝のカルバリーの上に据えよう




私たちは苦しむとき、

身もだえし

痛みが和らげられることを ひた求める



しかし 汝は 酷(むご)い十字架の上に

堅く 据え付けられ 

固定され


苦しんでおられた。




私たちに夜が来ても、


星の一群は なお 上天で輝き

花々は 私たちを慰め

歌のよろこびがある



しかし 

汝にあっては 

星もなく 花々もなく 歌もなかった。



そこにあったのは 三時間にも及ぶ 暗闇―。




私たちは 

長びく病や 死の謎を前に


それらを はっきり理解したいと願う



でも はたして理解できるのだろうか


――信仰に なにが必要とされているのかを。




救い主 そして わが主よ


汝のカルバリーは

私たちの内にある あらゆる問いを 静めます



来てください 主よ 来てください



ものうげに放浪し 


いまだに〈家〉を見つけることができずにいる子たちの元に

どうか来てください





Amy Carmichael, Toward Jerusalemより
私訳
(Picture from www.icollector.com)




スポンサーサイト

おお愛する主よ 私は臆病な小鳥です―エミー・カーマイケルの詩

エルサレムに向かって―エミー・カーマイケルの詩と祈り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。