imagesIO4KX22L.jpg


汝は神の隠れし愛 その高さ
その深さは 誰にも 計り知れません

遠くから 汝の美しき光を見、
汝の静けさを求め 慕いあえぐ

ああ わが魂は 汝のうちに安らぎを見いだすまで
休むことができません



汝の秘めやかな声は 私を静けさへと誘(いざな)います
汝のくびきは甘美なものです

しかし ああ わが意志は固くとも
情念が 私をひどく惑わせ

妨げが 至るところに ひろがっています
汝を一途に求めるも 汝の元からさまよい出てしまうのです



汝によって与えられし憐れみのうちに
わが思いは 汝の中に平安を探し求めています

しかし 求めても 私は汝を見いだすことができずにいます
さまようわが魂は 汝の平安を見ることがないのです

おお この放浪は いつ果てるのだろう

そして 汝に至ろうとするわが道程は 
いつその成就(おわり)をみるのだろう



いったい 日の下に
汝と争い わが心を占有しようとするものなど ありましょうか

ああ そのようなものをどうか引き裂き 
汝だけが お治めください

そうすれば わが心は この地上から解放され
汝のうちに 安息を見いだすことができます



おお この自我を 私から隠してください

そうすれば もはや私ではなく キリストが わが内に
生きることになりますから!

卑しむべきわが情念を 十字架に付け
どんな情欲も 生かしておかないでください

すべてのことにおいて 汝以外の何をも見たくないのです
そして汝以外 私は何をも望ます 求めたくありません!



おお愛よ この上なき汝の御助けにより
私を 卑俗な思いから お救いください

わが心から この自我を、そこに潜みしあらゆる迷想を
締め出してください

そして たえず アバ、父よと呼びかける、
汝の恭順な子とわれをなしてください



ああ 決して 私が後ろを振り向くようなことがありませんように!
汝だけがわがすべて 私は汝だけに属する者です!

なんと幸いでしょう―
汝に対する 絶え間なき炎に燃やされ
地上の玩具を 一顧だにしない魂は。

おお 汝の愛という この祝されし歩みから
決して 外れることがないよう われを助けたまえ!



地上から 引き離され
わが心は ひたすらに 汝の呼びかけを待つ。

どうか わが魂の芯奥にお語りください
「わたしは お前の愛であり 神であり、お前のすべてだ」と。

汝の御力を感じること
汝の御声を聞くこと
汝の愛を味わうこと

―願わくば、これだけがわが望みとなりますように。




Gerhard Tersteegen, Thou Hidden Love of God
私訳


所感:
HollandCountryside24x36_r.jpg

夜明け前に目が覚め、テルステーゲンのこの詩を訳しました。

ゲルハルト・テルステーゲンが1729年にドイツ語で編んだこの詩を、20年後の1749年、英国のジョン・ウェスレーが英訳しました。それが上のThou Hidden Love of Godです。私はこの詩を訳しながら、ウェスレーはどんな思いでこの詩を訳したのだろう、彼のうちにはその時、どのような魂の渇望、葛藤、そして求めがあったのだろうと想いを巡らせていました。もしかしたら、ウェスレーも私のように、ある日の朝、急にこの詩を訳したくなったのかしら。あるいは、、次なる巡回伝道へと馬を走らせる途上、孤高なこの伝道者はこの詩になぐさめを見いだし、道すがら翻訳をはじめたのかもしれません。








スポンサーサイト

聖書ギリシア語の中に「生き、考え、呼吸しよう」!―無料で聴けるコイネー新約聖書のご案内

「相補主義」と「対等主義」について――福音主義教会を二分する二つの視点 【ジェンダー問題】(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。