Animals_Birds_little_bird_Bird_branch_nature_photography_HD_115471_detail_thumb.jpg



おお わが愛する子よ


わたしがお前を緑の谷に導くときにも

憩いのみぎわに伴うときにも



火の中を通すときにも

雪の下に埋もれさせるときにも



雨の日も 晴れの日も


どんな雲に覆われるときにも

どんな風が吹きつけるときにも



お前は 

わたしを愛し 信頼し、ほめ歌うか。





おお愛する主よ 私は臆病な小鳥です


どんな場所でも どんな時にも

高らかに歌うことのできるような者ではなく


じっと うずくまっている小鳥です




でも私は恐れません。


私は舞い上がります。

―あなたの愛が私に翼を与えますから。



ですから私はお答えします。


あなたを仰ぎ見、心を込めて申し上げます。



どんなときにも 

あなたを愛し、信頼し、

あなたをほめ歌いますと。




Amy Carmichael, Toward Jerusalem 私訳
picture from hdwallpaperpc.com





スポンサーサイト

おお神よ、わが心の座を汝がお占めください―ピューリタンの祈り

初代教会の礼拝の様子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。