emerge.jpg


それにしてもイマージング・チャーチ・ムーブメントとはいったいどんな運動なのでしょう?どんな特徴があるのでしょうか。

今日はみなさんにイマージング・チャーチのおおよそのイメージをつかんでいただくために、写真をいくつかお見せしたいと思います。


DSC_0302 blogpastor net

暗めの照明インスピレーショナルな音楽 source 
「イマージングの文化の中では暗やみは霊性を象徴している。これはカトリック教会や正教会をはじめとし、仏教の寺院でも見られるものだ。暗やみは何か深刻なことが起こっていることを我々に伝えている」 Dan Kimball, The Emerging Church, p.127. (『Faith Undone』p.67)


bE-Alternative-Worship pomomusings com

dangreesonpic the gospelcoalition org

キャンドルイコン、芳香 source
「ポストモダン主義者は全ての感覚を使ってキリストと出会うことを好む。それこそ、伝統的な典礼を用い、瞑想的な礼拝をすることの魅力の一部だ。それは香やキャンドル、手で十字の形を切ること、パンとぶどう酒の味と匂い、イコン(聖像)の感触や油を注がれることである」 Julie B. Sevig, The Lutheran,”Ancient New” (The Lutheran, September 2001)



labyrinth endtimeupdates com

ラビリンス【迷宮】:古代の異教的起源をもつ。中世期にカトリック教会はこれを取り入れました。現在、イマージング・チャーチおよびニューエイジ系のグループでこれが再興しています。source
*ラビリンスの祈りの非聖書性およびその危険についてはhereをご参照ください

 

Contemplative-Prayer cuttingedge org

こういった瞑想的祈りおよびセンターリングの祈りは、現在、イマージング・チャーチおよびニューエイジ系のグループで奨励されています。
*こういった祈りはヨガやヒンドゥー教のマントラ等と出所を同じくするものです。センターリングや呼吸法などにより思考を停止し、脳内をアルファ波の状態で満たすという「瞑想の祈り」は非聖書的であり、とても危険です。ニューエイジャーたちはこういった方法で悪霊と交わっているのです。この危険性を訴えるクリスチャン・サイトは英語圏には無数にありますhere




st-aldates mustardseedjourney wordpress com
会話 Conversation source


image04 phyllistickle com
会話式のメッセージ・スタイル)


518193031_640.jpg
(ポストモダニズム


emergent thechristians com
不確かさ、疑いの中にとどまること、脱構築)


rob-bell closingstages net

イマージング・チャーチを代表する指導者の一人であるロブ・ベル師の言葉:
―キリスト教の絶対的真理の一つに「〈聖書だけ〉が私たちの規準である」という絶え間ない主張がありますね。これは聞こえはいいかもしれませんが、真実ではありません。
―聖書というのは人間の作った作品であり、神的な掟のようなものではありません。
―自分たちを何よりもまず「罪びと」と認識しなければならない?私はそういう主張を、イエスの教えのどこにも、そして聖書の中のどこにも見いだすことができません。


注:イマージング・チャーチの指導者の方々の中には、保守的な信仰および神学を保っておられる方々もおられます




345909694_ceb824add4 flicker come

世俗文化への文脈化(Contextualization)、世俗文化への受肉

*上の写真は米国シアトルのイマージング・チャーチ(マース・ヒル教会)の新年ナイトクラブの様子ですsource

New-Year-Bash1.gif
【マースヒル教会 新年パーティの御案内】2006年12月31日、礼拝終了後(午後7時)、マース・ヒル教会のバラード・キャンパス会堂は、粋なナイトクラブに変身します!新年を、デザート、ドリンク、ライブ音楽、大型スクリーンでのNYカウントダウン、そして真夜中のシャンペンでご一緒しませんか?

345911274_bde94044c3 flickr com
345911271_ce7cf7dfdf_o flickr com
主任牧師マーク・ドゥリスコール師(Mark Driscoll)の言葉:「私は神学的には保守ですが、文化的にはリベラルです。」



【世俗文化への文脈化】 下はサドルバック・コミュニティー・チャーチのユース礼拝の様子だそうです。



イマージング・チャーチについての簡単なまとめ

1. 伝統的な福音派のキリスト教は、現代の「ポストモダンの世代」に合わせるため変革する必要がある。

2. 伝統的な教会が教理と聖書的真理を強調してきたのに対し、ポストモダンの世界の教会は「神を体験すること」に強調を置く必要がある。真理は客観的ではない。重要なのは各個人の見方である。

3. 教会は「荒野の教父たち(3世紀にエジプトの砂漠に隠遁した修道士たち)」が行っていた古代の神秘的な習慣、またその黙想による霊性に戻らなければならない。 

「パーパス・ドリブンとイマージング・チャーチの欺き」より 参照




すべてのことを見分けて、ほんとうに良いものを堅く守りなさい。

1テサ 5:21









スポンサーサイト

谷川の流れを慕い求めて―エリザベス・プレンティスの信仰詩

押し寄せる「イマージング・チャーチ・ムーブメント」という波

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。