i-prayed-about-it.jpg


それについて祈ってはみたんだけど、、(でも祈りのベールを始める確信がない)
I Prayed About It (And I Don’t Feel Convicted To Cover)



confused-monkey1.jpg


何年も前になりますが、私はあるティーンの男の子から手紙をもらいました。「最近、ガールフレンドと体の関係を持ちました」と彼は打ち明けてくれました。

彼はそれ以前に、この事(体の関係を始めるべきか否か)について真剣に考え、祈ることにしたそうです。ギデオンのように彼は主に「御心を僕にはっきりお示しください。」と祈り、こう言いました。

「主よ、もし今晩、彼女が家に来たら、あなたが僕たちの体の関係をOKと思ってくださっていると受け止めます。でも、もし彼女が来なかったら、僕は、あなたがそれに反対しておられると解釈することにします。」

その晩、彼女から「家に来てもいい?」という電話があり、結局、この十代の男の子は「これが祈りの答えだ!」という偽りのゴーサイン(安心感)の下、彼女と体の関係を持ってしまったのです。

もちろんこれは極端な(でも実際に起こった)例ですが、私たちの多くは、何かに対する神の御心を求める時に、彼のような方法を使っているのではないでしょうか。

この記事で私は、――もし聖書の中ですでに直接的かつ明確な指示が与えられているなら――私たちは「祈りによって」自分の身の振り方を決めるべきではない、ということを示そうと思います。


権威のある御言葉


聖書は次のように言っています。

聖書の預言はみな、人の私的解釈を施してはならない、ということです。なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。(Ⅱペテロ1:20-21)



聖書のみ言葉は人の意見ではありません。人間は、御霊の指示により「神からの」ことばを語る媒介者(instruments)でした。

ですから、聖書の中のパウロやヤコブ、ルカといった人々の指示は、イエスご自身の口から出された言葉や、シナイ山で語られた神の言葉と同様、権威あるものなのです。

英語の聖書の中にはイエスの言葉が赤字で載っているものもありますが、実際には、赤字の部分も黒字の部分も同じ権威を宿しています。

また聖書は次のようにも言っています。

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。(Ⅱテモテ3:16)



聖書は「神の霊感によるもの」ですから御言葉を読む時、私たちは神のおっしゃっている内容を読んでいることになるのです。

つまり、こういう事です。――もし聖書が私たちに何かをしなさい(あるいは「してはいけない」)と言う時、私たちはそれを権威あるものとして受け止めなければならないということです。

それについてどんなに祈ったところで、神はその聖句とは違う答えを与えてはくださいません。


惑わしを避けるために


冒頭の十代の男の子に話を戻しますが、彼は本来、自分のやるべきことについて祈る必要はなかったのです。なぜなら神は聖句の中ですでに彼の問いに答えてくださっていたからです。

神の彼に対するメッセージはこの一言に尽きました。そうです、「不品行を避けなさい」(1コリ6:18)でした。

そうであるにも関わらず、私たちが尚も「いや、祈っていけば、神様は別の答えをくださるかもしれない」と突き進んでいくなら、やがて私たちは惑わし・欺きの穴に落ち込んでしまいます。

「だれも自分を欺いてはいけません」(1コリ3:18)と聖書は警告しており、また、私たちの敵であるサタンは惑わす者(黙12:9)であることを覚えていなければなりません。

「これが私たちの祈りに対する神様の答えだと思う」というのは主観的であり、それ故、それは神の御言葉の権威にしっかり固定(anchored)されていなければなりません。

*主観的:フィーリングに基づいた平安、確信、そして導きに関する感覚はあくまで主観的なものです。それは神から来たものかもしれませんし、そうでないかもしれません。それゆえに、こういったものは、それよりも高い権威に従わせられ、場合によっては矯正される必要があります。それが聖書です。)

つい最近、うちの玄関先に、モルモン教の宣教者の方々がやって来ました。

なぜモルモン教が真理なのかという根拠を挙げるべく、彼らは私にこう言いました。「私たちは『モルモン教が真理か否か』という点で祈り求め、神はそれに対し――平安そして「胸を熱くする感情」を通して答えてくださいました」と。

この若い二人は、神が彼らの祈りに答えてくださったという理由で、モルモン教が真理だという(誤った)確信を抱くようになったのです。

彼らのいう「確信」とは、神の御言葉という不変の権威ではなく、自分の主観的感情ないしは体験に基づくものでした。

分かりますか。ジョセフ・スミスがまことの預言者であったかどうかを知るのに私たちは祈る必要はないのです。

「いや、ぜひその事を祈ってください」とこの二人はおっしゃいましたが、私はそうするつもりはありません。(*ジョセフ・スミス:モルモン教の創始者であり預言者。モルモン教とその誤謬についてさらに詳しく知りたい方はThe Bible vs. Joseph Smith をクリックしてください。)

というのもジョセフ・スミスの啓示というのは、神が御言葉で語っておられる内容と食い違っているからです。そこから私たちは、この人物が神から来たものでないことを知るのです。

ですからもし私たちが聖句のことで疑問があるなら、まず聖書をひもときます。そしてもしそこに明確な答えが記されているのなら、私たちはさらなる別の答えを求めて祈る必要はないわけです。

「神は人間ではなく、偽りを言うことがない」(民23:19)そして「主であるわたしは変わることがない」(マラキ3:6)。

ですから、神が聖書の中である事を命じておきながら、「祈った結果」全く別の事を示すということはありえない――その事について私たちは不動の確信を持つ必要があります。


確信がない


7181575-a-cartoon-girl-with-a-confused-expression.jpg

私は祈りのベールをもはや実践しなくなった多くの女性たちから話を聞きます。彼女たちはどうして被り物をやめてしまったのでしょう?

「ええ、それについて祈ってみたんです。でもこの先も続ける必要があるのかって考えてみた時に、祈りの中で確信が与えられなかった、、だからやめました」というのが最もよく出される理由です。

また多くの女性が同様のメソッドを用いて、「祈りのベールを始めるべきか否か」について決めています。確信が与えられたと「感じる」なら、彼女たちはベールを始めます。

そして反対にそう「感じない」のなら、始めないのです。

しかし聖書の中で直接的かつ明確に取り扱っているテーマに関する私たちの応答はこういうフィーリングに基づくものであってはなりません。

神は1コリント11章の中で被り物に関する指示を出されています。ですから、すでに仰せられた事以外に主が何か別の事を仰せられることはないのです。

そうです。主の出されたご回答は「かぶり物を着けなさい」(1コリント11:6)です。

しかしどうか誤解しないでください。もしここの聖句に関する理解に苦しんでおられるのだとしたら、私たちは知恵を求めるべく主に祈るべきです(ヤコブ1:5)。

ですから、あなたがまだ疑いの中におられるのに、「祈ってはいけない」などとは言っていないのです。

そういうことを申し上げたいのではなく、私たちの決定は主観的な感情ではなく、あくまで神が聖書で言っておられることの理解の上になされるべきだと言っているのです。

そういう意味で、仮にあなたが「女性の長い髪=被り物」説を信じておられるのなら、それはあなたが現在、被り物を実践していない正当な理由となり得るでしょう。(とは言っても私たちは「女性の長い髪=被り物」説には全く同意しておりません。ココを参照)

でも「祈ってみた。でも確信が与えられていないように感じるから、、」という理由で、聖書が「こうしなさい」と命じていることをないがしろにすることは危険だと思います。

私の願いは、被り物の事に関し、みなさんがあくまで神の言葉に基づいて(するのかしないのか)ご決心なさることです。

もし私たちがそのステップを回避し、御言葉よりも自分の受けた「祈りの答え」を重んじるなら、私たちはやがて惑わされてしまうようになるでしょう。


(執筆者:ジェレミー・ガーディナー)


imagesDD5RG07J.jpg

おまけです

黒髪の日本人女性に似合い、しかも目立たない祈りのベールを発見しました!



私の中にはこれまで「祈りのベール=白」というイメージが強くあり、反対に黒色のベールは「お葬式」という印象がありました。

でもモダンな型のベールを調べていくうちに、自分の中のそういった固定観念が次第に取り払われていき、「もしかして、黒もありかな?」とさえ考えるようになっていったのです。

なぜその可能性を考えるようになったのかと言いますと、私たち黒髪の日本人姉妹にとっては、黒とか濃紺色のベールはなんといっても「目立たず」、従って精神的にプレッシャーが少ないのではと思ったからです。

そこで私は先月思い切って、garlands of graceから黒色のモダン・ベール(Cecily's Classic Lace)を注文してみることにしました。

これです。

IMG_0038_2015092207224987f.jpg

どうですか?目立ってませんよね?しかも「お葬式」という感じが全くしません!私たちジャパニーズ・ウーマンにとって、この色、この型はかなりいいかもしれません。

ちなみに黒いベールの従来の型はこんな感じです。

IMG_0042.jpg
(↑やはりこの型だと「お葬式」のイメージが強いのではないかと思います。)

どうですか。上に挙げたようなモダン・ベールも結構いいと思いませんか?

ちなみに、私の注文したCecily's Classic Laceには他にもアイボリー、濃紫、純白、ネイビー・ブルー、ピンク等各色あります。(詳しくはここをクリックしてください。)

Lace-headcovering-Garlands-of-Grace-5-535x535.jpg
(↑これは私の使っている黒ベールの白バージョンです。さなえさんもこの白ベールを使っておられます。)

私はこの黒いモダン・ベールを愛用しています。

さて、これを読んで私の真似をしたくなった方がおられますか(笑)?もしそうなら、とてもうれしいです。ぜひそうしてください。






スポンサーサイト

祈りを深めるために(3)―両手をかかげ、天を仰いで祈る

祈りを深めるために(2)―ジョージ・ミュラーから学ぶ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。