無題6



主よ 私は目の見えない羊です。

思慮もなく どこへでも走っていく愚かな羊です。


真理を求める心も この愚かさの前に 力を失ってしまいます。


羊の衣を着たさまざまなオオカミが周りにいるというのに

私には あなたの声がよく聞こえないのです!



いつの日か 私はオオカミに食べられてしまうのでしょうか。



私は目が見えず、耳もよく聞こえないので

あなたにどうしてもお願いしたいことがあります。



どうか私の名を呼んで牧場に伴われた後も

そのままにしないで


私をあなたのふところに抱き

抱いたまま 目的地まで運んで行ってください。



しもべの愚かさ、弱さゆえに 

どうか特別にあわれみをかけてください。




マタイ24:4、24、1ペテロ5:8、マタイ7:15、ヨハネ10:3、イザヤ40:11












スポンサーサイト

親愛なる読者のみなさんへの注意喚起メッセージ。イマージング運動の流れを引く『The Shack』が『神の小屋』という邦訳名で出版されました。

悲しんでいる姉妹へ―エリザベス・プレンティスの詩

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。