FC2ブログ

stratton.jpg



力強く、

方々(ほうぼう)を行き巡っておられた愛は、

独りぼっちの私を見つけた。



長旅に疲れて しゃがみ込んでいた私を。



――これまでの道中も、

たしかに日はやさしく私を照らし

どこにも 花が咲き乱れていた。



そう、それは知っていたはずなのに、、、




にもかかわらず、

愛はおびえている私を見い出し、

私の元にとどまってくれた。



愛は私に寄り添ってくれた。



「わが子よ。心を騒がせてはいけない。失望してもいけない。」

この方は言われた。



――あらゆる悩み、不安が心から消え去った。



なぜなら、

その時すでに私は

愛の御腕の中に

抱き寄せられていたから。






Amy Carmichael, Love Traveling 私訳





スポンサーサイト

主の御苦しみにあずかって(オリーブの木の下で)―エミー・カーマイケル

汝はここにおられます―エミー・カーマイケルの詩

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。