Pink-Landscape-Flowers-Acrylic-and-Oil-painting-on-canvas-by-topalski20151221.jpg



わが魂よ。

地上にいながらにして

お前は 柔和で汚れのない幼子(おさなご)になることは
できないだろうか。


そうしたら、神ご自身が 
もっとずっとお前に近づいてくださるだろうに。

そしてお前のまわりに 天国が訪れるだろうに。



幼子は金や宝石などに目もくれず、

名声や栄誉も その子に何ら喜びをもたらさない。


幼子は 
自分が富者になるのか貧しい者になるのかを
尋ねようともせず、

ただ全き信頼のうちに憩っている。



幼子は自分の威厳のことなど気にもとめず、
また、諸侯や君主をも恐れない。



幼子というのは不思議なもので、
ひどくかよわく、小さいのに

しばし 私たちのうち誰よりも 大胆なことを言ったりやったりする。



幼子は、嘘をつく術をもたず、
彼の魂そのものが 彼の眼の内にある。


幼子の目的はいちずで そこには偽りがない。
そして 他の人のやるさまを 喜んでほめたたえる。


どんな陰気な質問も その子の魂をいらだたせず、

どんな不信な疑いも その子の魂を迷わすことはない。


ただ単純に その子は一日一日を生きており、
「今」が与えるもので 心満ち足りている。



幼子は立ち止まり、右往左往したりせず
父の導きをけっして拒まない。


危険について考えることもなく、危害を恐れることなく、

従順なる 聖なる静けさのうちに
包まれている。



奇妙な迷いに 心乱されることなく、
目の前に もっともひどい無礼がなされても

その子の透き通った無垢は
汚されることがない。


おお 子どもの純粋さよ!

汝の深い知恵こそ 私の選ぶもの!


汝の英知をいただく者が 真に賢く、
御父の目に 尊いのです。


おお 神に愛されし 幼子の霊よ!
イエスの霊により 今それは注がれている。


どんなにか 汝を慕い求めていることでしょう。

おおイエス、私のうちに汝ご自身を形づくってください。


そして 未だ地上にいながらにして 

柔和で汚れのない
幼子になることができますように。


そうすれば、神ご自身をいつも近くに見いだすことができるでしょう。

そして 私の周りに天国が訪れるでしょう。





O liebe Seele könnt'st du werden
Gerhard Tersteegen, 1731, 私訳

picture from here









スポンサーサイト

エチオピアの希望―メフレット姉妹(18)へのインタビュー

命をかけて自分の敵を愛した人―ディルク・ウィレムスの証し(16世紀、オランダ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。