遠い 遠い ロシアの地で

山上の垂訓が 歌われている。



ジュネーブと世界を席巻した神学も

この寒村までは 届かなかった。



彼らは 五教理を知らない。



では、彼らは 神の国の外にいるのだろうか?




無限の神が

五つの箱にロジカルに整理され、

専門家によって解剖されている。




「主イエスよ、こんな罪びとの私をあわれんでください。」

ロシアの民衆は祈る。



ああ 神の国はどこにあるのだろう。


誰のうちにあるのだろう。









スポンサーサイト

私たちの考えや意志も神によって統治(govern)されている?人間に選択の自由はない?

「神の主権」――A・W・トーザー著 『聖なる方を知る知識』 第22章 (後篇)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。