これは、第二次世界大戦中、対ドイツ戦のさなかで戦死したあるロシア人兵士の亡き骸から見つけ出された名もなき詩です。



cffc4c6f2a92cff0227063d4136710ce.jpg



神よ、聞いてほしい。

自分はこれまで一度も、あなたと語らったことはなかった。

でも今日、僕はあなたに語りかけたいと思う。



知っての通り、子どもの時から「神など存在しない」と言われ続けて、僕は大きくなりました。

そして、愚かにもそれをまともに信じてきたのです。



これまで、あなたの造った被造物に目を注いだことはありませんでした。


でも今晩、手榴弾沿いにある塹壕の中から、僕は天を見上げてみました。


頭上に光る星空。

僕はそのまばゆさに驚いた。



そして、その時――きわめて突如として――、僕は分かったのです。

一つの嘘が、どれほど残酷なものになりえるかって。



自分にはわからない。

でも神よ、あなたは僕に御手をのばしてくれますか。




こんな地獄の真ん中で、僕があなたを知るに至ったということ。

そして、その光を見たということ。

――これは実に驚くべきことではないでしょうか。



それが僕の打ち明けたかったことです。



それからあともう一つ。

あなたを知ることができて、僕はうれしかった。



今晩、僕たちの部隊は戦線に出ます。

でも今ふしぎに、怖くないのです。

あなたが僕たちを見ておられるのだと思います。



あ、指令が来ました。もう行かなくては。

あなたと話せて本当によかった。



知っての通り、戦火は激しくなる一方で、

それで、もしかしたら、今晩にも僕は、

あなたの戸をノックすることになるかもしれません。




これまで一度も私はあなたを友としてきませんでした。

それでも、僕を受け入れてくれますか。



今、僕は泣いています。おお、わが神よ。

そして僕の目はあなたの光を見ています。



さようなら。もう行かなくては、、、そして、僕はもう二度と、、戻ってこないでしょう。


でも不思議です。

今、僕の中で、死に対する恐怖がまったくないのです。




Poem of a soldier
私訳









スポンサーサイト

初代クリスチャンは、人間の自由意志についてどのように考えていたのでしょうか。(後篇)

初代クリスチャンは、人間の自由意志についてどのように考えていたのでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。