Pink Peonies in Jar20160125



あなたに対する わが愛を 告白させてください。


主の御翼の陰の下に身を寄せつつ 
わが目はあなたを見上げています。


主の御言葉が宣明されるとき、天も地も揺らぎます。


ああ あなたに対する愛を告白します。
わが救い主、わが友イエス。



あの御方が やさしく 私の名を呼んでくださっている。


どうかあなたの御力、栄光を顕してくださり、
聖霊を注いでください。


そして砂漠の地が聖なる地となるほど、
切にあなたを求める者とさせてください。


わがすべてをあなたにお捧げします。
わが救い主、わが友イエス。



全身全霊であなたを仰ぎ見つつ、わが愛を告白します。


主よ、私はあなたのその大いなる愛を
切に知りたいと望んでいます。


あなたの恵みによってわが罪は赦され、
私はあなたの子とされました。


おお、わが救い主、わが友イエスよ!




주를향한 나의 사랑을
私訳



be3fa4a341ea331b82bc8d15a5a3a510.jpg

今日、ふいにこの賛美が口をついて出てきました。ソウルにいた2000年の春、イエス様を信じたばかりの私が好んで歌っていた賛美です。聖書のこともイエス様のこともほとんど知らなかったあの当時。

でも、そんな私の素朴な愛の告白をも主が受け入れてくださっていたことを感動をもって思い出しました。また再びこの賛美を捧げる中で、「あなたに対するわたしの愛はあの当時から少しも変わっていないのだよ」ということを主は私に語ってくださいました。なんという愛、なんというご慈愛でしょうか。

人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。エペソ3:19a











主よ。今、私は何を待ち望みましょう。

それでも奮起する