Port20de20Soller-820160218.jpg



おお ごつごつした岩道に咲いている 

あの可憐な花をごらん。



彼女は 美しく 愛らしい。

透きとおるように純粋で やわらかい。



やさしい御父の手に 抱かれ

彼女は、秘められたところで 

ひっそりと 人知れず

息づいている。




おお 人々よ、

どうか 彼女を踏みにじらないでください。


彼女の内なる部屋に 

土足で踏み込まないください。




血と泥にまみれ、

彼女は一人 うめいている。

沈黙の内に うめいている。




おお 荒けずりの十字架、

ほふられた神の小羊。



主よ、

彼女は死んだのでしょうか。




「いいえ。わが子よ。

これは死で終わるものではなく、

復活へとつながる道なのです。」






A delicate, loving flower on the rough, rocky road,
written by Kinuko






ふるさと

夜明け