6_15_14-sunrise-1-1024x76820160224.jpg


主を求めよ。
お会いできる間に。
近くにおられるうちに、呼び求めよ。

イザヤ55:6




人は今日あって、あしたはもういない。

このことは実に速くあなたの身の上にも起こるであろう。

姿が見えなくなれば、人はすみやかに忘れられてしまう。

ああ、ただ現在のみを考えて、未来の備えをしない人の心は、なんと愚かでかたくなであろう。

あなたは、きょう死のうとしているかのように、すべての行ないと思いを整えなさい。

死ぬ時に恐れず、むしろ喜ぶように、今生きることを努めなさい。

その時キリストと共に生き始めるように、今この世に対して死ぬことを学びなさい。

自由にキリストのもとに行くように、あらゆる物を今軽んずることを学びなさい。

あなたが死んだとき、誰があなたを覚えているだろう。

誰があなたのために祈るだろう。

愛する者よ、あなたのなし得る限りをしなさい。今しなさい。

あなたはいつ死ぬかも知れず、死後いかになり行くかも知らないからである。

時のある時に、永遠の命の富を集めなさい(マタイ6:20、ルカ12:33)。

地上では旅人または寄留者として(ヘブル11:13、1ペテロ2:11)、この世のことには何のかかわりもない者のように、身を保ちなさい。

あなたのこころを自由に神に向かってあげなさい。

地上には永遠の都はない(ヘブル13:14)。

日毎に祈りと嘆きを、涙と共に天に向けなさい。


―『キリストにならいて』より


祈り
主よ、私たちの生と死はあなたの御手にあります。「目を覚ましていなさい。あなたがたは。その日、その時を知らないからです」(マタイ25:13)というあなたの警告を深く心に刻みつけ、「賢い娘たち」(マタイ25:4)のように、ともしびと一緒に、入れ物に油を入れ、あなたの再臨を待つ者とさせてください。

この地上で私たちがなすべき務め、本当に大切な「ただ一つのこと one thing needful」に心を注ぎ、他のものはちりあくたとして打ち捨てることができますように。そしてパウロと共に、「イエス・キリスト、すなわち十字架につけられた方のほかは、何も知らないことに決心した」と宣言し、そのように生きることができますように。

どうか私たちを憐れみ、助けてください。イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。







スポンサーサイト

山路こえてひとりゆけど

キッデルミンスターのリチャード・バクスター(その3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。