FAS-III-pic-120160307.png
フランシス・A・シェーファー (1912 –1984)


Francis A. Schaeffer,
The Great Evangelical Disaster, 1984

第六章より一部翻訳抜粋



同調、そして迎合。こういった世への迎合精神が近年、いかに増長・拡大していることだろう。

この60年の間に、私たちは倫理的大惨事の発生を見てきたが、それに対し、私たちキリスト者は何か処置を施してきただろうか。

いや、悲しむべきことに、福音主義の世界もまた、この大惨事の一部分と化してしまっているのだ。

さらに言えば、福音主義教会の応答そのものが大惨事であった。

今日において争点となっている諸問題に対し、これに確固とした聖書的回答を与える明確な「声」は一体どこにあるのだろうか。

涙を持って私たちは言わなければならないが、福音主義の世界の大部分が現在、この世の時代精神にたぶらかされてしまっている状態にあるのだ。

さらに、もしこのまま福音主義教界が、――生活の全領域における聖書的真理および倫理に対し――断固とした姿勢をとらないまま進んでいくのなら、今後、私たちはさらなる大惨事を目の当たりにすることになるだろう。

なぜなら、福音主義教会の世俗精神への迎合は、今まさに崩れんとしている文化の崩壊を防いでいる「最後のダム」が取り除かれること――これを意味しているに他ならないからだ。

そしてこの最後のダムが取り除かれるなら、そこから社会的混沌が生み出されるだろう。そうして後、乱れた社会秩序を回復させるべく、ある種の権威主義体制が勃興してくるだろう。


世俗化


こういったものを神の裁きとみるか、それとも社会的混沌がもたらした不可避の結末だとみるか――、その両者に大した違いはない。

福音主義教会内のこういった迎合精神に変化がもたらされない限り、今述べたことが起こってくるのは避けられない。

そしてこれは、「和合・一致した福音主義」という虚構の真実が明らかにされなければならないことを意味し、誰かが勇気をもって、そこにある一線を引くということを意味しているのだ。

――そう、愛のうちに一線を引き、しかも公にしっかりと一線を引くのである。

☆☆

そこには愛をもった対峙・対決(confrontation)がなければならない。

愛のうちに、、しかし、それは依然として「対決」なのである。

これはまた、この世の時代精神が自律を声高に叫びながら無制限に着用している「形態(form)」――これに迎合しないことをも意味している。

こういった態度とは対照的に、聖書は、形態を伴った真の自由を提供しており、そこから生み出される生き方は、人間の最も深いニーズを満たすものである。

聖書は、倫理的な諸制限を与えるだけでなく、生の全領域における絶対的なもの、および真理を提供してくれるのである。

☆☆

次に挙げる点は非常に大切である。

今日われわれを取り囲む「この世の時代精神に迎合する」ということは、(本義的な意味における)最も醜悪な形をともなう世俗性であるということである。

そして悲しむべきことに、福音主義教会は一般に、今日世に見られる通りに、この世の時代精神の形に迎合し続けているのだ。

私はこれを涙を持って語っている。――そして、私たちはそれでも希望を失わず、祈り続けなければならない。

また遺憾なことに、迎合に関することで、私たちと基本的な所で意見の不一致がある方々の多くは、ノンクリスチャンではなく、キリストにある私たちの兄弟姉妹なのである。

しかし概して言えるのは、福音主義教会の世俗化が今や相当進んでいるということである。


(その2)につづきます。
スポンサーサイト

福音主義教会の大惨事―この世への迎合精神について(フランシス・A・シェーファー) 後篇

時代精神とクリスチャンの闘い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。