その5)からのつづき。



赦し


しかし目に見える形での愛というのは、「ごめんなさい」と謝ること以上のものである。

そこには公の赦しというのもまたなければならないのだ。

人に謝罪することはたやすいことではない。しかし人を許すことにはそれに輪をかけた難しさがある。

しかし「この世は神の民の間にこうした赦しの精神を見なければならない」と聖書ははっきり言っているのである。

☆☆

主の祈りの中で、イエスは私たちに次のような祈りを教えておられる。

わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、わたしたちの負債をもおゆるしください。



もちろん、この祈りは救いのためのものではない。また私たちはただキリストの成し遂げられた御業ゆえに新生したのであるから、この祈りは新生とも無関係である。

しかし、これはクリスチャンの持つ、神との実存的にして毎瞬間の経験的関係にたしかに関わるものである。

私たちは義とされるべく一度限りにして永続する(once-for-all)赦しが必要であると共に、キリストの御業を基とした罪のための赦し――瞬間瞬間(moment-by-moment)の赦し――をも必要としている。

それにより神との開かれた交わりを持つためである。

主が教えてくださったこの祈りは、日々の生活の中で、私たちクリスチャンを非常に厳粛にせしめる。

なぜなら、私たちは他の人々を赦しつつ、ご自身との交わりの経験的リアリティーを自分たちに示してくださるよう、主に祈り求めているからである。

☆☆

「主の祈りは今の時代に向けられたものではない」と言うクリスチャンも中にはいるが、私たちの大半は、それが自分たちにも向けられていることを信じている。

しかしそうでありながらも、私たちは、自分に対する神の赦しに比べ、自分にはいかに赦しの心が欠けているかということについてほとんど考えてみようとしない。

確かに多くのクリスチャンは毎週の礼拝時、形式的に主の祈りを唱えてはいる。

しかし「なぜ自分には、神との交わりにおけるリアリティーが欠けているのか」という問いを、人への赦しに欠ける自分の姿と結びつけて考えてみる人はほとんどいないのである。

☆☆

私たちは、本来持つべき赦しの心に生きていないという事実を絶えず認識する必要があると思う。

しかし依然として祈りは、「わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、わたしたちの負債をもおゆるしください。」である。

また私たちは相手が自分の非を認め謝罪してくるのを待つまでもなく、それ以前にすでに赦しの心を持っていなければならない。

「相手に反省の色がみられた後、あなたがたは赦しの精神をもって相手に歩み寄りなさい」とは、主の祈りは提示していない。

そうではなく、相手がまだ最初の一歩さえ踏み出すこをしていない時点で、赦しの精神を持つよう私たちは召されているのだ。

もちろん、今もって私たちは彼が悪いと言うかもしれない。

しかし「彼に非がある」と言っているその最中にあってさえ、私たちは彼を赦し、赦しつづけなければならないのだ。

☆☆

もちろん私たちは、この赦しの精神をクリスチャンに対してだけでなく、すべての人に持つべきである。

しかし、もしそれがすべての人に向けられているものだとするなら、それがクリスチャンに向けられていることはやはり重要なことだと言わざるをえない。

そのような赦しの精神は、他者に対する愛ある態度として外に表れ出る。

しかしたといそれが「姿勢」と呼ばれるようなものであったにしても、やはり依然として、真の赦しは目に見えるなにかである。

信じてほしい。――赦しに関する限り――その人の顔をみるだけで、私たちは彼が現在どこにいるのかが分かるのだ。

そしてこの世は、はたして私たちが自分の派やグループを超えた愛を持っているのか、自分の主義・陣営を超えた愛を持っているのかを観察するよう求められているのである。

彼らは私たちの内に、謝罪し、赦す精神を見い出すことができているだろうか。

繰り返して言わせていただきたい。

私たちの愛は今もこれからも完璧なものではない。

しかしそれはこの世が観察することのできる実体を持ったものでなければならないのだ。

そうでなければ、ヨハネ13章と17章で語られている聖句の構造に符合しない。

そしてもしこの世がそれを真のクリスチャンの間に見いだすことができないのなら、これらの聖句の示す二つの恐ろしい裁きを下す権利がこの世には与えられているのである。

――そう、私たちはクリスチャンではなく、キリストも御父から遣われた方ではないと。



(その7)につづきます。





『クリスチャンの標』―フランシス・A・シェーファー(7)

『クリスチャンの標』―フランシス・A・シェーファー(5)