彼らはイエスを受け取った。そして、イエスはご自分で十字架を負って、「どくろの地」という場所に出て行かれた。

ヨハネ19:17




おお 汝の十字架より 遠くへゆくことなく、

汝の御足より 高く上がることが 

けっしてありませんように。



ここにおいて この世の宝はちりとなり、

苦いものは ますます甘美なものとなっていきます。



ああ われらの自由のシンボル。

ここにおいて われわれの務めは一つに結び合わされます。



囚われ人は、汝の十字架により 解き放たれ、


十字架の兵士たちは 共に闘います。

闘います。



――光の軍勢に囲まれ、

われらが冠を 御前に投げ出しつつ、


汝の内で

全きものとされる時まで。




Elizabeth Rundle Charles, TheVictorious Cross, 1860,
私訳

スポンサーサイト

こひつじ―ゲルハルト・テルステーゲンの信仰詩

理知的なクリスチャンへ―ゲルハルト・テルステーゲンの信仰詩

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。