Charles Edward Perugini (1839-1918) - Girl Reading - crop20160619


汝らは彼に在りて滿ち足れるなり。 コロ2:10(文語訳)

あなたがたは、キリストにあって、満ち満ちているのです。 
コロ2:10(新改訳)




彼に在って満ち足りる!


おお主よ、私は汝の元に逃れます。


この偉大な真(まこと)を胸に、汝の元に駆け寄ります。


涙と笑みが相寄り添い、私は泣いています。


このようなお言葉が、

私のような者にも語られているとは!




彼に在って満ち足りる!



汝のものが完成されるのに、

主よ、私の言葉など

なんら必要とされていないのです。



賢い棟梁であられる主よ、

汝の御手が、

ご自身の計画されし〈建物〉をお造りになられますように。




彼に在って満ち足りる!



汝に携えていけるものを、

私は何ひとつ持ち合わせておりません。


――とても欠けの多い、役に立たない者ですから。



しかし、神の麗しい御手が私に恵んでくださったものを見て、

人々の心は喜びに躍るでしょう。




彼に在って満ち足りる!


おお、この日を待ち望みます。


――貧しく罪ぶかいわが心が、


「自分自身の内にはまったく何もありません。

ただイエス・キリストのうちにあって、私は満ち足り、

ここに立っています。」


と告白することのできる日を!




Elizabeth Prentiss, "Complete in Him",
Golden Hours: Heart-Hymns for Christian Life
私訳




スポンサーサイト

どのようにして同性愛を肯定する方々は「1コリント11章の被り物の聖句」を自らの立場の擁護のために用いているのでしょうか?――福音主義教会に突きつけられる「ジェンダー挑戦状」と私たちの応答

相対主義か、もしくは神の絶対性か?―フランシス・A・シェーファー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。