FC2ブログ




幻が色あせ、

さまざまな事への感覚や力が、

空気の色のように

はかなく消え去ってしまうとき、



そして、

汝にささげ物を

携えてゆく力を

もはや失ってしまったとき、



祈ることもできないとき、、、





そんな時、

パラダイスから吹きよせてくる

よそ風のように、



私の耳に、魂を癒すことばが

ふっと入ってくる。



「私が手を上げることが、

夕べのささげ物として

立ち上りますように。」



そう、主はたしかに聞いてくださる。





Amy Carmichael, No Strength to Pray
私訳






DSC_666220160722.jpg

関連記事:

夕べの祈り―御前への香として天に立ち上る祈り [詩篇141篇を黙想する]

詩篇を歌う―神の前に悲しみ、嘆きの心を注ぎ出す【詩篇88篇】

霧はやがて消える―彼女の旅





スポンサーサイト

月夜の静けさ―エミー・カーマイケルの信仰詩

戦いの中にあって―エミー・カーマイケルの信仰詩

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。