Australia+First+Female+Bishop+Ordained+Perth+fS8__WmkI9kl20160725.jpg
オーストラリアで初の女性司教(聖公会) 2008年、パース市、source





アンドレアス・J・コステンバーガー師へのインタビュー記事 (1テモテ2:12に関して)


Interview with Andreas J. Köstenberger on 1 Timothy 2:12



(インタビュー聞き手:アンディー・ナセリ氏、ベツレヘム神学校新約学、2008年7月30日)



61xAkl0z-BL__SY200_.jpg

アンドレアス・J・コステンバーガー(Andreas J. Köstenberger)氏は、ノース・カロライナ州ウェイク・フォーレストにある南東バプテスト神学校の新約学教授であり、1996年より教鞭を取っておられます。

氏はトリニティー神学校で、D・A・カーソンの指導の下、新約学博士号を取得し(1993年)、1999年以降、Journal of the Evangelical Theological Society の編集員を務めておられます。

氏のブログは、ココです。

また、(ジェンダー問題を含めた)論文リストは、ココ、そして、説教・講演MP3はココです。



このインタビューはコステンバーガー師の論文“A Complex Sentence: The Syntax of 1 Timothy 2:12,” in Women in the Church: An Analysis and Application of 1 Timothy 2:9-15(『教会の中の女性―1テモテ2:9-15の分析および適用』の中の一章「複雑なセンテンス:1テモテ2:12の構文論」)を基になされています。


Women_in_the_Church.jpg


1テモテ2:12a

私は、女が教えたり男を支配したりすることを許しません。(新改訳)

女が教えたり、男の上に立ったりすることを、わたしは許さない。(口語訳)

婦人が教えたり、男の上に立ったりするのを、わたしは許しません。(新共同訳)

女が教えることを私は許さないし、また男に指図することも〔許さない〕。(岩波訳)

わたしは女性が教えたり男性を押えたりすることを許しません。(前田訳)

(教会で)婦人が教えたり、男子の上に立ったりすることは許さない。(塚本訳)

われ女の教ふることと男の上に権を執ることとを許さず。(文語訳)

διδάσκειν δὲ γυναικὶ οὐκ ἐπιτρέπω οὐδὲ αὐθεντεῖν ἀνδρός

I do not permit a woman to teach or to exercise authority over a man.(ESV訳)





1.著書『教会における女性』は、ヘンリー・スコット・ボールドウィン氏の研究論文を引き継いだ形で書かれていますね。この本の中で、主に何を取り扱っているのか、教えてください。



特定の聖句に関して、互いに異なる解釈が導き出されてしまう理由は、往々にして、聖書解釈における妥当な原則に私たちが従っていないことに因ると思います。

例えば、「文脈を無視して一聖句を取り出す」、「歴史的・文化的背景を曲解する」、「語彙的・文法的事項にしっかり注意を払っていない」、、などです。


*この問題について私は以前、次のような論文を書きました。

“Gender Passages in the New Testament: Hermeneutical Fallacies Critiqued,” Westminster Theological Journal 56 [1994]: 259-83; reprinted in Studies in John and Gender and available as a PDF




ですから、1テモテ2:9-15のように、重要かつ論争の焦点になっているような箇所を取り扱う際には尚更、私たちは、聖書解釈における正当なステップを自分がはたして全て踏んでいるのか否か、しっかりと確認する必要があると思います。

そこを踏まえた上で、以下のような6つの論述がなされたのです。


.歴史的背景(S. M. Baugh)

.語彙研究("authentein”[権威を持つ・行使する]という語について。H. S. Baldwin)

.文構造(1テモテ2:12において「教える」と「権威を持つ」をつなぐ語 "oude"[ないしは]について。A. J. Köstenberger)

.文脈における釈義(T. R. Schreiner)

.解釈学(R. W. Yarbrough)

.適用(D. K. Patterson)


[*各章の要約を読みたい方は、“The Crux of the Matter: Paul’s Pastoral Pronouncements Regarding Women’s Roles in 1 Timothy 2:9-15,” Faith and Mission 14 (1997): 24-48をお読みください。]





2.この本の主要テーマは一言でいうと何ですか?



そうですね、一言でいえば、ここの聖書箇所を自然に読むなら、パウロは、女性が教会で牧師や長老になることをやはり禁じている、ということです。

――なぜなら、パウロは女性が教えたり男性の上に権力を持つことを許していないからです。

そしてこういった理解こそ、2000年近くに渡り、キリスト教会でなされてきた聖句理解だったのです。

実に、1960年代に現代フェミニズム運動が勃興し、ここの聖句を深刻に疑問視するようになるまでは、教会はずっと上記のような理解をしてきたのです。

しかしながら、福音主義フェミニストの方々は、「正しく解釈するなら、聖書は――個人としての価値、尊厳、そしてキリストにある救い、ということだけでなく――教会的な役割においても完全なジェンダー『平等』を説いている」と主張しておられます。

そうすると、当然のことながら、彼らはここの聖句の自然な読み方を受け入れることができない訳です。

その結果、こういった人々は、さまざまな仕方で、この箇所を再解釈しようと試みています。

そしてそういった再解釈の試みは、上に挙げた6つの側面すべてに及んでいます。


当時のエペソの女性たちに対してだけ?


背景に関していいますと、彼らは、「パウロがテモテへの手紙を書いた当初、問題になっていたのは、特にエペソにいる女性たちのことだったのです。だから、ここでの教えは、今日には適用されないのです。」と主張しています。

(*ただし、この説に関しては、フェミニストの間でも、多種多様な説明がなされており、ばらつきがみられます。)

『教会における女性』の1章で、S・M・Baugh氏(1世紀エペソ碑文の専門家)は、こういったフェミニストたちの主張が無効であることを示し、「1テモテ2:12におけるパウロの教えは、1世紀のエペソだけに限定されたものだった」という彼らの主張に関しては、学術的にも、その他の理由においてもそこに根拠を見い出すことができない、ということを述べておられます。



Authentein(権威を行使する)の動詞に関して



次に、H・S・Balwin氏は、"authentein”(αὐθεντεῖν:権威を行使する、支配する)の意味をめぐっての問題に取り組んでいます。

欽定訳は、この語を「権威を侵害する(“usurp authority”)」と訳しており、最近になって、多くのフェミニスト(例えば、I・H・マーシャル氏など)が、この語は否定的な含みを持つ語だと主張するようになってきています。

「もしそうなら」と彼らは言うのです。

「パウロがここで禁じていたのは、教会の中における女性の『否定的』権威の行使、それから女性の説く誤った教えに限ったことであり、それらの機能における彼女たちの[権力の]行使ではなかったのです」と。

しかしながら、Baldwinの研究が明らかにしているのは、authentein(権威を行使する、支配する)という動詞は、新約期における非常に稀な語だったということです。

(新約の中でこの語が出てくるのは、1テモテ2:12のこの箇所だけで、あとは1テモテ書以前に、一、二回登場するだけのレアーな語です。)

(中略)

もちろん、こういったこと[=牧会職が男性だけに開かれているという聖書の主張]は、対等主義の浸透している現代文化の中にあっては、アナテマでしょう。

多くの人々は、「聖書が、そんなやり方で、女性に対し『差別』をするなんて、とうてい受け入れられない!」と考えています。

このようにして、聖書と、(全ての文化ではないにしても)多くの文化は、互いに衝突し、両者の間に軋轢が生じます。

そして私たちはどちらの道に従うのか決断しなければなりません。

――1)周囲の文化か、それとも、

2)聖書か、

そのどちらかです。

(しかしもちろん、福音主義フェミニストの方々は、この両者の間に『衝突がある』ということを認めたがりません。

彼らによれば、イエスもパウロも、彼らと同じような対等主義的思想を持った人なのです。

――1テモテ2:12に関するパウロの教えがあるにも関わらず。)



5.なぜこのイシューが、今日の教会にとって重要なのでしょうか?



現在、キリスト教会は、周囲の世俗文化からの圧力にさらされています。

こういった文化は、「自分たちが『良し』と認める慣習に自らを順応させよ!」と教会に圧力をかけてくるのです。

その結果、「教会におけるある種の教えや牧会の役割が、男性だけに限られている」という聖書の教えを保持することは、ますます困難になってきているのです。

近年、特に世界のアングリカン・チャーチ(聖公会)において、私たちは重要な変遷を目の当たりにしています。




femaleBishop_2410226b20160725.jpg
聖公会(アングリカン・チャーチ)



また少なくとも、ある事例においては、女性の牧師叙任の擁護やその寛容を含め、「個人の選択」を強調するイデオロギーがそこに露見されます。

さらに――擁護とまではいかなくても――、教会内における同性愛行為についても同様の動きが見られます。

そしてそれは教会員の間だけではなく、指導者層の間でもそうなのです。

こういった事から明らかに言えること――、それは、「教会での女性の役割」というイシューは、孤立した事項ではなく、今後教会が直面し続けていくであろう、互いに関連を持つ一連の大きな問題の一部であるということです

もちろん、これは救いに関する一次的な問題ではありません。

(教会における女性の役割に関する見解をベースに人は救われるわけではありませんから。)

にもかかわらず、これは、実際的にも、また教義の面でも、教会の今後に少なからぬ影響をもたらす、重要な問題であるといえるでしょう。



―インタビュー記事抄訳おわり―


ココ
スポンサーサイト

祈りのベールの証し―(ヴィアン姉妹、ノルウェー)それから、、ちょっと息抜き。

復活の朝!―マルティン・ルターの信仰詩

comment iconコメント ( -9 )

リンク

>氏のブログは、ココです。また、(ジェンダー問題を含めた)論文リストはココ、

「ココ」をクリックしても、氏のブログに行かないのは私だけでしょうか?

名前: ダビデ [Edit] 2016-07-26 00:23

知らせてくださってありがとうございます。


ダビデさん、ご指摘、ありがとうございます。
私も確かめてみましたが、たしかに、ここのリンクには問題がありますね!

さきほど、Kostenberger氏の教会のホームページに、エラー報告のメールを出し、
このリンクの問題を解決してくださるようお願いしました。向こうから返事が来次第、
改めてご連絡いたします。

知らせてくださり感謝します。

名前: Kinuko [Edit] 2016-07-26 01:06

論文リストとリンク先です。

ダビデさん、さきほど、別のルートで、論文リストの一覧表とリンクを見つけました。


アンドレアス・コステンバーガー氏の論文リスト(Articles)

(出典:http://www.biblicalfoundations.org/articles/


*ジェンダー・フェミニズム関係の論文は、濃青色です。


1. “The Mystery of Christ and the Church: Head and Body, ‘One Flesh,'” Trinity Journal 12 NS (1991): 79-94. To read the article, click here.



2. “Review Article: The Apostolic Origins of Priestly Celibacy,” European Journal of Theology 1 (1992): 173-79. To read the original German article, click here. To read the article translated to English, click here.



3. “Gender Passages in the New Testament: Hermeneutical Fallacies Critiqued,” Westminster Theological Journal 56 (1994): 259-83. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/03-Gender-Passages-in-the-NT.pdf


4. “Anguish Over Austria: Rising Above Pragmatism,” Evangelical Missions Quarterly 31 (January 1995): 64-70. To read the article, click here.



5. “The Greater Works of the Believer according to John 14:12,” Didaskalia 6 (1995): 36-45. To read the article, click here.



6. “The Seventh Johannine Sign: A Study in John’s Christology,” Bulletin of Biblical Research 5 (1995): 87-103. To read the article, click here.



7. “The Challenge of a Systematized Biblical Theology: Missiological Insights from the Gospel of John,” Missiology 23 (1995): 445-64. To read the article, click here.



8. “Frühe Zweifel an der johanneischen Verfasserschaft des vierten Evangeliums in der modernen Interpretationsgeschichte,” European Journal of Theology 5 (1996): 37-46. To read the original German article, click here. To read the article translated to English, click here.



9. “The Crux of the Matter: Pauls Pastoral Pronouncements Regarding Womens Roles in 1 Timothy 2:9-15,” Faith and Mission 14/1 (1997): 24-48. To read the article, click here.




10. “What Does It Mean to Be Filled with the Spirit? A Biblical Investigation,” Journal of the Evangelical Theological Society 40 (1997): 229-40. To read the article, click here.




名前: Kinuko [Edit] 2016-07-26 02:45

論文とリンク その2


11. “The Neutering of Man in the NIVI: The Translation of Anthropos and Aner in the Inclusive NIV,” CBMW News 2/3 (1997): 8-13. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/11-The-Neutering-of-Man.pdf


12. “Saved through Childbearing? A Fresh Look at 1 Timothy 2:15 Points to Protection from Satan’s Deception,” CBMW News 2/4 (1997): 16. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/12-Saved-Through-Childbearing.pdf


13. “Ascertaining Womens God-Ordained Roles: An Interpretation of 1 Timothy 2:15,” Bulletin of Biblical Research 7 (1997): 107-44. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/13-Ascertaining-Womens-Roles.pdf


14. “We Plead on Christ’s Behalf: Be Reconciled to God: Correcting the Common Mistranslation of 2 Corinthians 5:20,” Bible Translator 48 (1997): 328-31. To read the article, click here.


15. “Jesus as Rabbi in the Fourth Gospel,” Bulletin of Biblical Research 8 (1998): 97-128. To read the article, click here.



16. “Aesthetic Theology: Blessing or Curse? An Assessment of Narrative Hermeneutics,” Faith & Mission 15/2 (1998): 27-44. To read the article, click here.



17. “Avoiding Fallacies in Interpretation: How Fallacies Distort Understanding of the New Testament Gender Passages,” Journal of Biblical Manhood and Womanhood (1998): 1,610;

abridged version of “Gender Passages in the New Testament: Hermeneutical Fallacies Critiqued,” published in Westminster Theological Journal 56 (1994): 259-83. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/17-Avoiding-Fallacies.pdf


18. “Schlatter Reception Then and Now: His New Testament Theology (Part 1),” Southern Baptist Journal of Theology 3/1 (1999): 40-51. To read the article, click here.



19. “Eine komplexe Satzstruktur in 1. Timotheus 2,12,” in Frauen in der Kirche: 1. Timotheus 2,9-15 kritisch untersucht, ed. Andreas J. Köstenberger, Thomas R. Schreiner, and H. Scott Baldwin (Gießen: Brunnen, 1999), 89-113. To read the article, click here.


20. “The Place of Mission in New Testament Theology: An Attempt to Determine the Significance of Mission within the Scope of the New Testament’s Message as a Whole,” Missiology 27 (1999): 347-62. To read the article, click here.



名前: Kinuko [Edit] 2016-07-26 02:50

論文とリンク その3

21. With David W. Chapman, “Jewish Intertestamental and Early Rabbinic Literature: An Annotated Bibliographic Resource,” Journal of the Evangelical Theological Society 43 (2000): 577-618. To read the article, click here.



22. “Women in the Church: A Response to Kevin Giles,” Evangelical Quarterly 73 (2001): 205-24. To read the article, click here.


http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/22-Response-to-Kevin-Giles.pdf


23. “The Identity of the Israel tou theou (Israel of God) in Galatians 6:16,” Faith & Mission 19/1 (2001): 324. To read the article, click here.



24. “Jesus the Good Shepherd Who Will Also Bring Other Sheep (John 10:16): The Old Testament Background of a Familiar Metaphor,” Bulletin of Biblical Research 12 (2002): 67-96. To read the article, click here.



25. “Hermeneutical and Exegetical Challenges in Interpreting the Pastoral Epistles,” The Southern Baptist Journal of Theology 7/3 (2003): 4-17. To read the article, click here.



26. “Jesus, the Mediator of a Better Covenant: Comparatives in the Book of Hebrews,” Faith & Mission 21/2 (2004): 30-49. To read the article, click here.



27. “What Is Truth? Pilates Question to Jesus in Its Johannine and Larger Biblical Context,” Journal of the Evangelical Theological Society 48/1 (2005): 33-62. To read the article, click here.



28. “Teaching and Usurping Authority: 1 Timothy 2:11-15 by Linda L. Belleville,” Journal of Biblical Manhood & Womanhood 10/1 (2005): 43-54. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/28-Teaching-and-Usurping-Authority.pdf


29. “Biblical Hermeneutics: Basic Principles and Questions of Gender” by Roger Nicole and “Hermeneutics and the Gender Debate” by Gordon D. Fee, Journal of Biblical Manhood & Womanhood 10/1 (2005): 88-95. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/29-Biblical-Hermeneutics.pdf


30. “The Destruction of the Second Temple and the Composition of the Fourth Gospel,” Trinity Journal 26 NS/2 (2005): 205-42. To read the article, click here.



31. “John’s Trinitarian Mission Theology,” Southern Baptist Journal of Theology 9/4 (2005): 14-33. To read the article, click here.



32. With David A. Croteau, “Will a Man Rob God? (Malachi 3:8): A Study of Tithing in the Old and New Testaments,” Bulletin of Biblical Research 16/1 (2006): 53-77. To read the article, click here.



33. With David A. Croteau, “Reconstructing a Biblical Model for Giving: A Discussion of Relevant Systematic Issues and New Testament Principles,” Bulletin of Biblical Research 16/2 (2006): 237-60. To read the article, click here.



名前: Kinuko [Edit] 2016-07-26 02:53

論文とリンク その4

34. “Feminism, Family, and the Bible: A Biblical Assessment of Feminism’s Impact on American Families,” Religion & Society Report (Online Edition) 23/1 (2006). To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/34-Feminism-Family-and-the-Bible.pdf


35. “The Moral Vision of John,” Midwestern Journal of Theology 4/2 (2006): 323. To read the article, click here.


36. “The Biblical Framework for Marriage,” Midwestern Journal of Theology 4/2 (2006): 24-42. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/36-Biblical-Framework-for-Marriage.pdf


37. “The New Testament Pattern of Church Government,” Midwestern Journal of Theology 4/2 (2006): 43-56. To read the article, click here.



38. “Of Professors and Madmen: Currents in Contemporary New Testament Scholarship,” Faith & Mission 23/2 (2006): 3-18. To read the article, click here.



39. “The Journal of the Evangelical Theological Society: Retrospect & Prospect at the Occasion of the Fiftieth Year of Its Publication,” Journal of the Evangelical Theological Society 51/1 (2008): 11-17. To read the article, click here.



40. With Stephen O. Stout, “The Disciple Jesus Loved: Witness, Author, Apostle: A Response to Richard Bauckhams Jesus and the Eyewitnesses,” Bulletin of Biblical Research 18/2 (2008): 209-32. To read the article, click here.



41. “Do Jews Need to Be Perfected?,” Global Missiology (2008). To read the article, click here.



42. “The Syntax of 1 Timothy 2:12: A Rejoinder to Philip B. Payne,” Journal for Biblical Manhood & Womanhood 14/2 (2009): 37-40. To read the article, click here.

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/42-The-Syntax-of-1-Timothy-2.pdf


43. With David W. Chapman, “Jewish Intertestamental and Early Rabbinic Literature: An Annotated Bibliographic Resource Updated (Part 1),” Journal of the Evangelical Theological Society 55/2 (2012): 235–72. To read the article, click here.



44. With David W. Chapman, “Jewish Intertestamental and Early Rabbinic Literature: An Annotated Bibliographic Resource Updated (Part 2),” Journal of the Evangelical Theological Society 55/2 (2012): 457–88. To read the article, click here.



45. “Invitation to Biblical Interpretation and the Hermeneutical Triad,” Criswell Theological Review 10/1 (2012): 3–12. To read the article, click here.



46. “Excellence: The Character of God and the Pursuit of Scholarly Virtue,” Criswell Theological Review 10/1 (2012): 13–19. To read the article, click here.



47. “The Present and Future of Biblical Theology.” Themelios 37/3 (2012). To read the article, click here.



48. “Placing the Cross in History.” Answers Magazine 9/2 (2014): 38–39.


49. With Justin Taylor, “April 3, A.D. 33.” First Things (April 3, 2014), www.firstthings.com.



50. With Justin Taylor,” “Five Errors to Drop from Your Easter Sermon.” Christianity Today (April 15, 2014), www.christianitytoday.org.



51. With Justin Taylor, “No Turning Back: Monday of Holy Week,” and “Escalating Conflict: Tuesday of Holy Week,” www.desiringgod.org.


52. With Benjamin L. Merkle and Robert L. Plummer, “‘Scholarship that helps men to preach’: The Pastoral Legacy of A. T. Robertson.” Towers 13/2 (September 2014): 12–13.

名前: Kinuko [Edit] 2016-07-26 02:54

訂正

9番目の論文のリンク先をつけ忘れていました!


9. “The Crux of the Matter: Pauls Pastoral Pronouncements Regarding Womens Roles in 1 Timothy 2:9-15,” Faith and Mission 14/1 (1997): 24-48. To read the article

http://www.biblicalfoundations.org/wp-content/uploads/2012/01/09-Crux.pdf

名前: Kinuko [Edit] 2016-07-26 02:58

ありがとうございます

順繰り目を通していきます。ところで、私は時としてキヌコ姉の情報処理能力を恐ろしく感じます。(大抵の場合、いい意味でです。)日本にいたときは、何を専攻したのですか?

名前: ダビデ [Edit] 2016-07-26 11:29

意外なおことばをいただいて、、


ダビデさん、おはようございます。

えっ、情報処理能力ですか?たぶん、ごくごく特定の分野に関してだけはそういう趣向があるのかもしれません。(大学時代の専攻は、日本政治思想史と東アジア史でした。)でも、残りの多くの分野ではてんでダメです。携帯電話を買いましたが、いつまで経っても自分のTel numberを覚えることができず、いつもcontact listに行って、自分の番号を検索しなければならない有様です!

名前: Kinuko [Edit] 2016-07-26 14:48

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。