Image000010821.jpg




静かに。
おお 全地よ、静かに。



月の明りがともり、

わずかな星々が
淡く、
おぼろげに光を放っている。



そして、紅のゆり、白色のゆりが
神々しい聖人のように
おのおの たたずんでいる。




ほら、影のようにおぼろで、
夢見ごこちの あの木々を見てごらん。

澄んだ空気の深みにどっぷり浸かっている。




さあ、そよ風のささやき声に耳を傾けてごらんなさい。

祈りをささげる人のように、
こんなに優しくささやいている。





静かに、
おお、全地よ、静かに。


ここは聖なる地だから。


月の光によって洗われ、
雪のように混じり気のない地。



かつて、園の中で、
月光の王冠を戴きし主にまみえる。



おお 月光よ、ふたたび
この方を 王冠で飾りなさい。



そして、ゆりよ、
お前たちの聖鐘を今、響かせなさい。




おお 愛の王、そして痛みの王よ、


汝はここにおられます。

インマヌエル。






Amy Carmichael, Hush
私訳





スポンサーサイト

聖書と、ハトと、私たちクリスチャン。

教会に集うことのできない愛する兄弟姉妹を想って

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。