「2世紀および3世紀の信者たちは、どの戦略家も避けようとする戦法――両面作戦を、せねばならなかった。

ローマ帝国が滅ぼしてしまおうとするのに当面して、自己の存立のために戦っていた一方、それと同時に、教会は、教会内での教義の純潔保持のためにも戦っていた。」


―E・ケァンズ 『基督教全史』、p134




昨日のコメント欄での兄弟姉妹との有益な対話を通し、私は初代教会のクリスチャンたちにとった「両面作戦」について思いを馳せざるをえませんでした。


聖書の言葉を、神の言葉と真摯に受け取らないクリスチャンリベラリズムは、真理と神の言葉を探し求める人々にとって、非常に大きな躓きや苦しみをもたらすものです。


断言は出来ないのですが、イエスを預言者として敬う熱心なイスラムの人々にとっても、こうしたリベラリズムは侮辱的に感じられるのではないかと推察します。


キリスト教界、特にプロテスタントでの自由主義神学を信奉する教会の多さはおそらく大きな躓きとなっているでしょう。






十字架の敵



クリスチャンリベラリズムは、いのちの木を内側から腐食させ、この体系を受け入れる人々の信仰をじわじわと、しかし確実な死と破壊へ追いやる、キリスト教最大の脅威の一つであり、「十字架の敵」(ピリピ3:18)だと思います。


プロテスタント自由主義神学と闘い続けたグレシャム・メイチェン氏は、Christianity AND liberalismと――、両者を互いに親和性のない「異なる別箇のもの」として区別していましたが、それは真だと思います。





世俗精神の形態について




さて、その内側の脅威(クリスチャンリベラリズム)ですが、それはこの世の霊やイデオロギーの形をとってキリスト教会内に侵入してくると思います。


しかしここで留意しなければならないのは、そういった世俗精神(この世の霊:the spirit of the world)は、常に同じform(形態、μορφη)をとるとは限らない、ということではないかと思います。


この点についてフランシス・シェーファーは次のような深い洞察をしています。



キリスト者は、この世の精神(霊)に対し、抵抗し続けなければならない。


しかしその際、留意しなければならないのは、世俗精神は、必ずしも常に同じ形態(form)をとるとは限らない、という点である。


だから、クリスチャンは、各時代それぞれの世俗精神が帯びているその形態――、これに抵抗しなければならないのである。


もしもそうしないならば、私たちは何をしたところで、所詮、世俗精神に抗していることにはならないのだ。それは特に私たちの生きるこの世代に当てはまるだろう。


なぜなら、われわれに敵対している諸勢力は、いまや総力体制でこちらに向かってきているからである。


-Francis Schaeffer, The God Who Is There




それでは私たちの生きるこの世代において、世俗精神はいったいどのような形態を帯びて、「今や総力体制で」こちらに進撃しているのでしょうか。


私たちの教会を内側から腐食させようとしている真の脅威はどこにあるのでしょうか。





漏穴はどこにあるのか?




現在、リベラリズム浸食をもたらしている「漏穴」は複数あると思いますが、その中の一つが「福音主義フェミニズム」であることは、もはや疑うことのできない事実であると思います。


というのも、彼らの論議は、かつてのold liberalsの解釈のそれとほぼ同じだからです註1


註1.この点についての詳細研究は、Wayne Grudem, Evangelical Feminism: A New Path to Liberalism?をご参照ください。





またその中でも特に、ケファレー(κεφαλη、かしら)、authenteo(αυθεντεω、権威を持つ)をめぐる論争等は、現在、大砲の飛び交う激戦地であり、これらの聖書的真理は、私たちが死守しなければならない霊の要塞だと思います。


ここが破られると、そこに関連するさまざまなものが総崩れになり、今後、取り返しのつかない惨事がキリスト教会や家庭にもたらされると予想されます。



聖書の真理を教えるための神学研究は、聖書と対立する神学思想と学問的に戦うという姿勢が不可欠であります。


神の言葉の前に中立はあり得ない


それに従うか、逆らうかどちらかであります。


したがって、その聖書を研究する神学もまた、原理的には聖書的か非聖書的かいずれかであります。


より聖書的たらんと努める歴史的改革派神学の研究は、聖書への忠誠から非聖書的神学諸思想に対して敢然と立ち向かい、それらに対する“論争的な”(ポレミックな)神学でなければなりません。


神戸改革派神学校、教育方針(2)より一部抜粋





「神の言葉の前に中立はあり得ない。」


そして神の言葉の前には、――日本の精神風土に満ち満ちる「事なかれ主義」――これもあり得ないと信じます。








関連記事:


親愛なる日本メノナイトブラザレン教団のみなさまへの公開レター〔2016年3月女性教職承認の新決定について〕




「相補主義」と「対等主義」(その4)―世俗文化の流れに抗し奮闘する牧師たちの声【フェミニズム問題】



あなたは踏み絵をふみますか?―16世紀のアナバプテストの若者たちの信仰と叫び 【同性愛と福音主義教会】



真理のために立ち上がる(Radicals for Truth)―フランシス・A・シェーファー






スポンサーサイト

あめんぼ

倒されてもまた起き上がる!――エジプト宣教の先駆者ウィリアム・ヘンリー・ガードナーの生涯と信仰(1873 –1928)その2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。