Sunrise_30th_September_7501128.jpg





神は今ここにご臨在しておられる。


さあ、ひれ伏し、敬拝しよう。
ここは聖なる場。


神はわれらのただ中におられる。
われらの魂は黙し、
御顔の前にひれ伏す。



主よ、
神聖なるご慈愛に慄きつつ、
われらは汝の前に跪きます。


ああ本来、汝にふさわしくない私たちが
汝のものとされているとは!



喜んで汝の御前に、あらゆるこの世的な楽しみや快楽、
富財を投げ出します。



主よ、われらの心、魂、体を見てください。

私たちはここにおります。

もはや自分のものではなく、
われらは汝のものです。



汝こそ万物を満たすお方であり、
汝のうちで、すべてのものは生き、動いています。


岸のない永遠なる海――音なく、秘められ、神秘に満つ。

汝のうちにわが魂は深く沈みます。


そう、汝の内に――

ああ、もはや自己の暗い監獄に閉じ込められておらず、

よみがえられたキリストのいのちが私を動かし、
私を満たしている。




汝は終わりなき天空を満たす光であられ、

その御光でもってわが顔を照らしておられる。





可憐な花々が、

喜びの内に、

そして静寂の中にある恵みのうちに 花開き、

義の太陽がそれをやさしく見つめている。



こうしてわが魂は静けさの中に憩う。





輝かしい御力は汝のもの。

力強い御意思も汝のもの。




一方、わたしの務めはシンプルであること。


天的な草原の中で、

はち切れんばかりの喜びをもって

無邪気に歌う子どものごとく、

愛し、ただひたすらに喜ぶ――。

これだけが甘美な私の務め。





鷲が光輝く大空に、

どこまでも高く舞い上がるように、



ああ主よ、今この時にも、

わが魂は汝を探し求め、

汝のおられる天に飛翔します!





-Gerhard Tersteegen, Within the Veil
私訳







for my protestant readers




for my orthodox/traditional church readers





クリスチャン女性とブログ

罪のためのいけにえ(The Sin-offering)―ゲルハルト・テルステーゲンの信仰詩